FC2ブログ
プロフィール

grid-header1

Author:Sanyo
¡ Bienvenido a mi pagina !

Un chico enamorado de la comunicacion o la Radio, Transcurridos 50 años de mi primera licencia no ha cambiado mi modo de pensar.

Empecé Radio afición en 1958 y luego estaba divirtiendo lo.
Miren la página de QRZ.com y JA1COR
Esperen poco ya que todavía no he preparado la pagina escrita en castellano.

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1378' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
1

高所恐怖症とブログ開設の経過

本日、衝動的にブログ開設した。 なぜか、それは、自分だけにしておくにはもったいないアイデアがあり、実際に試してうまくいってしまい、何とか人様にもオセーテあげたい一身でいきなり、おっぱじめてしまったのだ。 んだからして、ブログの作り方からなんから何にも知らないのでやりながら理解していくこととする。諸兄にはなにとぞ、寛容の精神で暖かくお見守りいただきたい。 実は当局はHF帯で国際通信を楽しむべく3年ほ... <span style="color:#000000">本日、衝動的にブログ開設した。 なぜか、それは、自分だけにしておくにはもったいないアイデアがあり、実際に試してうまくいってしまい、何とか人様にもオセーテあげたい一身でいきなり、おっぱじめてしまったのだ。 んだからして、ブログの作り方からなんから何にも知らないのでやりながら理解していくこととする。諸兄にはなにとぞ、寛容の精神で暖かくお見守りいただきたい。<br /><br /> 実は当局はHF帯で国際通信を楽しむべく3年ほど前に無線局の免許を取り直しカムバックした。 んでその前にあった500w局の免許は更新をやりそこね、今回は100w局でのカムバックである。<br /> <br /> 送受信機は以前からのものをそのまま、使えるのでそのままだが、問題はアンテナだ。<br /><br />以前の5エレトライバンダーは腐って落っこちてくる心配から人に頼んでおろしてしまった。<br /> しかし、問題は沢山有った。 一番は高所恐怖症である。 どうしたもんか、悶々とする毎日であった。<br /><br />当局の自作アンテナに関するポリシー<br /> 1 自分の命が優先だ<br />   〔当たり前だ、安全ベルトと更に命綱を二重にして、ヘルメットをし、自分に安全だと言い聞かせて登る)<br /> 2 空中での滞在は最短とする。 <br />    〔面倒なSWR調整は出来ればATUを使用してやらないで済ます。性能はシュミレータであらかじめ見当をつけて結果が期待できそうなものにしか着手しない。)<br /> 3 小さいアンテナが好き、インターフェアが出るようなパワーは出さない(でもDX局とラグチュウしたい)<br />    性能は人並みでなくっちゃ。<br /> 4 アイデア勝負、工夫をして、その結果が楽しみでわくわく出来るものしかやらない。<br />     (通信するだけなら市販品で済ませばよい)<br /><br /><br />追記<br /> 本日(2012・12・10)暇だったので読み返してみたが、2年半経過して、このポリシーはほぼ適切であったと感じている。<br /> この間にクワッドは3エレになり、ATUは計4台程仕入れたりしているが未だに同じ考え方、(ATU+自作クワッド)のシステムを愛用していて、これこそ、私には最適システムだと考えている。その理由は<br /><br /><br /> 半世紀を超えるハムライフの間、困難ではと思っていたDXとラグチュー可能なアンテナが高所恐怖症の私でも作ることができたこと、弱点の高所恐怖症もある程度克服できたこと。 などで未だにアンテナタワーに時々登っているし、達成感を感じている。 さあ、これから寄る年波と戦い、どこまで、この楽しみを維持できるかが問題だ。<br /> </span><br /><br />
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。