プロフィール

grid-header1

Author:Sanyo
¡ Bienvenido a mi pagina !

Un chico enamorado de la comunicacion o la Radio, Transcurridos 50 años de mi primera licencia no ha cambiado mi modo de pensar.

Empecé Radio afición en 1958 y luego estaba divirtiendo lo.
Miren la página de QRZ.com y JA1COR
Esperen poco ya que todavía no he preparado la pagina escrita en castellano.

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1378' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
87

旧型球式リニアでWARCバンドに出る!

あまり人に教えたくないことでも教えちゃうのがこのblogでござんすので、(建前は)今回、ここだけの話、耳寄りな情報を提供する。当局以前の局免は500wで、アンプもいっちょまえに使っていて、幾らかの経験があるのでその情報ををひとつ。真空管のリニアアンプは使い勝手も良いものがあるが、古いタイプではWARCバンドがそのままでは使えない。GG回路の入力のインピーダンスマッチング回路が用意されていないからなので増設す... <a href="http://blog-imgs-44.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/modifywork.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-44.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/modifyworks.jpg" alt="forwarcband" border="0" width="466" height="350" /></a><br /><span style="color:#000000">あまり人に教えたくないことでも教えちゃうのがこのblogでござんすので、(建前は)今回、ここだけの話、耳寄りな情報を提供する。<br />当局以前の局免は500wで、アンプもいっちょまえに使っていて、幾らかの経験があるのでその情報ををひとつ。<br />真空管のリニアアンプは使い勝手も良いものがあるが、古いタイプでは<a href="https://blog.fc2.com/tag/WARC%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89" class="tagword">WARCバンド</a>がそのままでは使えない。<br />GG回路の入力のインピーダンスマッチング回路が用意されていないからなので増設すればいいのだが、顔に整形跡を残したくないこともあるし、楽な手は<br />ないか、とお考えのOM方は少なからずおられると思う。 これは本体に手を触れずにしかも完璧に性能が発揮できる方法である。<br /> 写真のように、30L1に18M帯を追加する。他のGGアンプでも同様な考えができると思う。<br />この小箱の中にパイ型のインピーダンスマッチング回路(アンテナカプラーと同じ)が入っている。2回路のスナップSWでスルーにしたり、(写真ではOTHER)マッチング回路を経由(同18)したりできる。 この回路にはエキサイタからの出力が入り、この出力をアンプの入力にする。で、18メガにでるためにはアンプのバンドSWは21メガにしておく。<br /> こうすると18メガよりLもCも少な目のマッチング回路がつながりっぱなしになっているのだが、お構いなしにその前方にさらにこの小箱のパイ型のマッチング回路がカスケード状に入るわけである。つまり、ΠΠである。21メガのLCの値にさらにLCを加え18メガにマッチングを取るわけでSWR計を使って完璧に値をあわせこむことができる。<br /> 値を決める方法だが、簡単には一般的なマニュアルのアンテナカプラーを使って最良点を調べ、LとCの値を見当をつけ固定のLC(もちろん、バリアブルでもよいが)に置き換えればよい。 Cの耐電圧は考えておかなくてはいけない。(余裕を見て100wであれば、300v程度でOK)同調点はブロードでありいったん値が決まれば調整の必要はない。<br /> ひとつだけ要注意点はタンク回路の2つのVCの同調範囲が余裕を持って<a href="https://blog.fc2.com/tag/WARC%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89" class="tagword">WARCバンド</a>をカバーしていることだが、30L1の18メガ(バンドスイッチ21)では問題ない範囲であった。また、複数のWarcバンドに使いたい場合はパイ型ネットワークと2回路のスナップSWを増設して、片方をスルーにしてもう片方をパイ型経由とさせればよい。<br /><br />必ず、次の組み合わせにすること。 バンドスイッチが21メガで18メガ、28で24メガとすること。 (高い周波数のパイ型ネットワークに外付けのLCを追加して低いWarcバンドに合わせる構造とする)<br />  この方式の利点は<br />1 アンプ本体には触らなくてよい。<br />2 性能は完璧、ロスも皆無、受信にも影響がほとんどない。<br /><br />18メガも連日、にぎわっている。21より上が余りよくないときはこちらや14メガにも出ることにしている。<br /><br />追記<br />  ベアフットで使うときにはOTHER(スルーの表記の方が良いかも)のポジションで、18(または24など)に切り替えるのはアンプをONにして18に出るときのみです。<br /><br />パイマッチのデータは当局の例では (18Mhz)Cは入力側390PF 出力側330PF L は 12mm径黄色ダストコア入りボビンに1mmエナメル線6回スペース巻き、調整はエキサイター出力のSWRが最小(1.0)になるようコアを出し入れします。 これにより、他のバンドと変わりない電力(50W以下)で充分フルパワー迄ドライブができるようになります。<br /><br />追記の追記<br /> 当局は絶好調でこの方式を楽しんでおりますが、〈18メガ)他にもどなたかお使いになっている方はございますか? そして、改良点やアドバイスなどございましたら、ぜひ、後から試される方のためにもご教示お願いいたします。</span>
  • Date : 2011-02-24 (Thu)
  • Category : 無線機
86

今朝の28もがんがんだった!

今朝も28はがんがんだった。昨日、黒点数は100を越えた。俺たちの時代が来たー!!!しかしだ、おれっちのPCは絶不調、IEがどうしてもつながらない。前からマイクロソフトには腹が立っていたので、いい機会だとばかりにFirafoxでインターネットに繋げてみたら実にあっさり動いてしまい、これは何なんだと?ハムログのデータはかなり、消えてしまったが ま、とにかく、インターネットはこれで行くことにして無線だ、無線だ。... <a href="http://blog-imgs-44.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/lu7hsf.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-44.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/lu7hsfs.jpg" alt="LU7HSF" border="0" width="466" height="350" /></a><br /><span style="color:#000000">今朝も28はがんがんだった。<br /><br />昨日、黒点数は100を越えた。俺たちの時代が来たー!!!<br /><br />しかしだ、おれっちのPCは絶不調、IEがどうしてもつながらない。前からマイクロソフトには腹が立っていたので、いい機会だとばかりにFirafoxでインターネットに繋げてみたら<br />実にあっさり動いてしまい、これは何なんだと?ハムログのデータはかなり、消えてしまったが ま、とにかく、インターネットはこれで行くことにして無線だ、無線だ。<br /> 10mが少し時間がずれていたがやはり、開いたのでやりまくった。 といってもラグチューなのでたいした局数にはならない。 しかし、腹が立つことに、せっかくおはなししようとしても時として、名前も名乗らず、しんこ、ぬえべ Sayonara と片付けられてしまうことがある。わてらJAの雑魚だから しょうがない、長話できるような局を見つけるしかないので、しつこく探す。いっぺん、ラグチューが始まるとちゃんと他にもご静聴されているOMがいて、前の交信を聞いていたよといってくれる局がいるのは、うれしい。<br /> 写真のLU7HSFのEduardoが途中で呼んできた、何回か話した局だが、TS120にトライバンド八木である。 LUの全般的な傾向はもう30年ぐらい経つ無線機が普通に使われている(もっとも自動車などと違い本質的にはSSB機であればたいした違いはないのでそれで良いのだが)しかしアンテナの高さは結構高い(何しろ、場所がある!)というような傾向があるように思う。<br /><br /> 実際、FT101やTS520などというのも未だに普通に使われている。しかし、最近なじみの局が呼んでくるときにありがたいのはQRZ.comがあることで、写真でもあればすぐ新しい話題ができるし、今や交信時に必須な設備になったような気がする。しかし、考えてみると、そこに書いてあるから何も話さなくてもということにもなりかねない。どうしたもんか</span>。<a href="http://blog-imgs-44.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/lu7hsfa.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-44.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/lu7hsfas.jpg" alt="LU7HSFant" border="0" width="466" height="350" /></a><br />
85

やっと10mが本調子に!(糠喜びでないことを祈りまする)

今朝はPCのトラブルを解決せんと必死に早起きし(HDがとんだみたい)何とか少しでもデータを吸い出そうとしてあがいていたんだが、どうにも芳しくないし、この文も別な予備のPCで書いておる。 んで面白くないのでリグに灯を入れ10mを聞いたところなんと南米ががんがん!  LU4FBH Rudi(Rodolfo)のCQが9+で入っていたので、すかさず呼ぶとばっちり帰ってきてしばらくラグチュ―ができた。 彼はおん年80、ハム暦62年との... <a href="http://blog-imgs-44.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/ce1tuw.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-44.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/ce1tuws.jpg" alt="ce1tuw" border="0" width="466" height="350" /></a><br />今朝はPCのトラブルを解決せんと必死に早起きし(HDがとんだみたい)何とか少しでもデータを吸い出そうとしてあがいていたんだが、どうにも芳しくないし、この文も別な予備のPCで書いておる。<br /> んで面白くないのでリグに灯を入れ10mを聞いたところ<br />なんと南米ががんがん!  LU4FBH Rudi(Rodolfo)のCQが9+で入っていたので、すかさず呼ぶとばっちり帰ってきてしばらくラグチュ―ができた。<br /> 彼はおん年80、ハム暦62年とのこと、このOMに比べれば、こちトラは青二才であったが、親しくお話いただいた。 私がパタゴニアにも旅行したといったところ、そっちは行ったことがないといっていた。もう年だし、旅行は難しいといっていた。お互いのハム暦から考えると何回かのサンスポット最盛期にあっている可能性があるなと思ったが、お互いおそらくやったこともあるんじゃないかと適当なものである。<br /> そして、一番新しい最盛期でも10年たっているのでその間にでも当方のスペイン語の能力が上がったのかもしれず、話を聞いていても以前のように必死に脂汗状態で聞き取ることもなく実に楽しかった。<br /> 彼も私の話を聴きながら大笑いをしたとのこと。 彼は孫が18人でひ孫も何人かいるとのこと。時々家族全員が一同に会して食事をするそうだが、20何人になるといっていた。<br /> イヤー実に楽しいし、これを待ち望んでいたんだなと、自分でも納得した。これから毎日のようにこんな状態が続けばよいなと心底思った次第である。残念ながらQRZ.comには写真がなかったが家族の集まった様子は一目見たいもjのである。かわりに前々日交信したチリ北部アントファガスタのCE1TUW ismaelのページにあった面白いもの、(砂漠にこんなものを作ってあるらしい。チリの北部は砂漠が多いんだそうだ)を載せておく。
84

サンスポット急上昇。 ハイバンドどっぴらけ!(になーれ!)

昨日は夕方、15mのロングパスでセントヘレナZD7FTとやった。15mのロングパスはよっぽどコンデションが開かないと出来ないはずなので黒点を調べたら90だと!今朝は意気込んではいたが、聞こえているところが少なく最初は12mからのスタートコルドバのJuan,LU3HY〈写真〉がPYとラグっている、すかさず呼んで3kQSYしてQSO開始、9+で快適、で、何で他の局出てないの?と聞くも未だ始まったばかり... <a href="http://blog-imgs-44.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/lu3hy.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-44.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/lu3hy.jpg" alt="LU3HY" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><span style="color:#000000">昨日は夕方、15mのロングパスでセントヘレナZD7FTとやった。15mのロングパスはよっぽどコンデションが開かないと出来ないはずなので黒点を調べたら90だと!<br /><br />今朝は意気込んではいたが、聞こえているところが少なく最初は12mからのスタート<br />コルドバのJuan,LU3HY〈写真〉がPYとラグっている、すかさず呼んで3kQSYしてQSO開始、9+で快適、で、何で他の局出てないの?と聞くも未だ始まったばかりだからそのうち出てくるんじゃないの、とのお答え、<br /> その後、10mに移り、サンチアゴのRaul CE3RRと話した、数年前に旅行した場所で懐かしい。 彼の話では6mでJAとやったことがあるとの事。当局は半世紀前AM時代にVKとやったきりなのでいつか南米とやりたいナーと思っている。でも、JAの6mは様変わりしていて恐らく当局のような非力な設備では無理かもしれないとぼやいてしまった。その後もLU8FJA mariano などなど、いっぱい交信できて久しぶりにたらふくおなかいっぱいになった気がした。<br />午後サンスポットをチェックしたらなんと100!</span>
83

豪雪の被害は? そして10mオープン

昨夜の雪はひどかった。 20cm以上は積もったのではないか。 しかし、こちらの心配はアンテナだけである。クワッドのエレメントにアイスキャンディのようにくっついて、それも前後のスプレッダーに5つのループがついているわけだからはらはらして、寝ることも出来ず、時々ハンマーをもってアンテナのタワーをたたくのだが、少しばかり雪が落ちてきて襟首に入り込むだけ。しかし最後、良い方法を見つけた、それはエレベータが... <a href="http://blog-imgs-44.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/lu5djb.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-44.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/lu5djbs.jpg" alt="lu5djb" border="0" width="466" height="350" /></a><br /><br /><span style="color:#000000">昨夜の雪はひどかった。 20cm以上は積もったのではないか。 しかし、こちらの心配はアンテナだけである。クワッドのエレメントにアイスキャンディのようにくっついて、それも前後のスプレッダーに5つのループがついているわけだからはらはらして、寝ることも出来ず、時々ハンマーをもってアンテナのタワーをたたくのだが、少しばかり雪が落ちてきて襟首に入り込むだけ。しかし最後、良い方法を見つけた、それはエレベータがついているので1メートルぐらいさっと降ろしたり、元に戻したりするのだ。そうするとかなりエレメントがゆれて雪が落ちる。 まあ、そんなわけで何とか寝られて、起きてみた時には晴れていて、ほっとした。そして28メガを聞いたら驚いたことに南米、Wががんがん、そこで、2ヶ月ほど前には毎日のようにQSOしていたブラインドハムのBlas LU8SANと再会を喜び合った。<br />そしてLUとは次々交信したんだが、その中のLU8IEZ VictorはFT840+1/4GPでも、S9で入っていた。 そして写真のAntena、21の6エレQuadは10mで交信したLU5DJBダニエルのもので、彼はLUのDXギャングの一人なのだろう。何はともあれ被害が少なくて良かった。 (3・5/7の逆Vは切れていた)やはり、太陽黒点は嘘つかないとおもったな。</span>
82

では今朝の南米はいかがかな?

今日は、黒点数が84にも増えて、さぞかし南米も良く入るのではと期待して、ワッチするも21,28とも何も入らず、21のビーコンはLU4AAが強力に入感はしているのだが、誰も出ていないし、CQをがなっても何の反応もなし。 2時近くにちょこっと信号が聞こえたので呼んだのがこの局LU5FCV beto 彼は写真と同じように深夜の仕事を済ませて家に戻りマテ茶を飲んでいるところだといっていました。我が家にもLUから持... <a href="http://blog-imgs-44.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/lu5fcv.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-44.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/lu5fcvs.jpg" alt="lu5fcv" border="0" width="466" height="350" /></a><br /><span style="color:#000000">今日は、黒点数が84にも増えて、さぞかし南米も良く入るのではと期待して、ワッチするも<br />21,28とも何も入らず、21のビーコンはLU4AAが強力に入感はしているのだが、誰も出ていないし、CQをがなっても何の反応もなし。<br /> 2時近くにちょこっと信号が聞こえたので呼んだのがこの局LU5FCV beto<br /> 彼は写真と同じように深夜の仕事を済ませて家に戻り<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%83%9E%E3%83%86%E8%8C%B6" class="tagword">マテ茶</a>を飲んでいるところだといっていました。我が家にもLUから持ち帰った<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%83%9E%E3%83%86%E8%8C%B6" class="tagword">マテ茶</a>セットがあるが、お茶っぱは長いこと飲んでいないのでかびがはえてんだろうなー、そしてこんな風に夜中に電波など出す奇特な人は南米には少ないんだろうなー。</span>
81

今朝の南米

今朝は久しぶりに晴れて2日間積もった雪も急速に溶けだしたが、とにもかくにもアンテナが無事だったのは喜ばしい。そして15mがガンガンに開いて、南米の知り合いの局と交信が出来た。この局LUの北部サルタのLU5BOJ Oscarは若いDxマニアでEMEやサテライトもやるという。電池の材料になるレアメタルの鉱山の技術者である。この局と交信終了後、古くからの友人のCX8DCMとも久しぶりにラグチュウを楽しん... <a href="http://blog-imgs-44.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/lu5boj_.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-44.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/lu5boj_s.jpg" alt="lu5boj" border="0" width="518" height="350" /></a><br /><span style="color:#000000">今朝は久しぶりに晴れて2日間積もった雪も急速に溶けだしたが、とにもかくにもアンテナが無事だったのは喜ばしい。そして15mがガンガンに開いて、南米の知り合いの局と交信が出来た。この局LUの北部サルタのLU5BOJ Oscarは若いDxマニアでEMEやサテライトもやるという。電池の材料になるレアメタルの鉱山の技術者である。<br />この局と交信終了後、古くからの友人のCX8DCMとも久しぶりにラグチュウを楽しんだが、何れも9+の信号で快適な交信が出来た。 ただ気になったのはこれほど良い状態で入っていて、しかも<br />JAも休日で沢山の局がQRVしているのだが、南米はこの二人の他に何人も出ていなかったことである。 JAの局数は激減してはいるが絶対数が多いので未だ沢山出ているが、元々局数が少ない南米などではちらほら聞こえる程度になってしまったのであろうか。 これだと、コンデションが良くなってもラグチュウの相手が見付からない可能性があり、そうだとしたら少しさびしい。</span>
79

タワートップ設置のATU

実はここのところ、交信時にアンテナの説明をしていると、タワートップにATUを設置した当局の方式について、理想的なシステムですねと褒めていただけることがよくある。でつらつら考えると、自分では高所でのSWR調整作業を避けるためと、作りっぱなしでメンテナンスを最小に出来ることから、なんとか、性能よりは危険な作業を最小限にした、安全性優先のいわばズボラアンテナであり、きちんと調整を完了されたアンテナを使わ... <a href="http://blog-imgs-44.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/coppler.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-44.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/copplers.jpg" alt="coppler" border="0" width="501" height="350" /></a><br /><span style="color:#000000">実はここのところ、交信時にアンテナの説明をしていると、タワートップにATUを設置した当局の方式について、理想的なシステムですねと褒めていただけることがよくある。でつらつら考えると、自分では高所でのSWR調整作業を避けるためと、作りっぱなしでメンテナンスを最小に出来ることから、なんとか、性能よりは危険な作業を最小限にした、安全性優先のいわばズボラアンテナであり、きちんと調整を完了されたアンテナを使われているOM方に少し引け目を感じていたので意外であった。<br />イラストは愛読書のトロイダルコア活用百科〈山村英穂著〉から抜き出したが、電力伝達の効率という面では確かにこの方式は理想的なのではと思う。 それに対しチューナをTX側に設けた場合、アンテナと同軸の特性インピーダンス間のマッチングはそのままであり、送信機からは無理やり、電力を流し込んでいるイメージである。 アンテナ、同軸間のミスマッチ分のエネルギーは同軸をいったりきたりして無駄にはならないらしいがどうも良く理解できないし、損失は大きくなるに違いない。<br />で、当局のようにATUを設置した場合、バンドの端であろうが、そして、アンテナ長が<br />経年変化でいくらか変わってしまっていても常にその状態でSWRを最良にするように動作するので実に有り難いのである。<br />  それと自分では解析できないが、どうもこのシステムはスプリアス成分など<br />(というより基本波成分も、ケーブル外被上にもSWRが立つことにより、そこから、その成分が輻射されてしまうのではないかと思うのだが)<br /> を撒き散らさない最も理想的な方式のような気がしている。伝送ケーブルから高周波が漏れて、周りの電子装置に回り込む〈勿論コモンモード用にフィルター ――同軸をコアに巻きつけたもの――は使用しているが〉などが殆ど無いのである。 以上手前味噌解説のお粗末でございました。</span>
78

Hexビーム アンテナとは?

昨日の朝は10mが開けたが今朝はだめで、17mが開いたのでそちらを楽しんだ。KD7YDK Jackで 9+10dbで強く入っていたので呼んだが、彼はIc-756pro3+tokyo ハイパワーで1kw、アンテナが5バンドHexビームとのことで、このアンテナは当局がクワッドを作る前に結構検討したので興味があり少し話した。 イラストのように2エレなんだが、短縮ではないのと、すこぶる小さいこと、マルチバンドにしてもうまくマ... <a href="http://blog-imgs-44.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/kd7ydk.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-44.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/kd7ydk.jpg" alt="" border="0" width="400" height="249" /></a><br /><span style="color:#000000">昨日の朝は10mが開けたが今朝はだめで、17mが開いたのでそちらを楽しんだ。<br />KD7YDK Jackで 9+10dbで強く入っていたので呼んだが、彼はIc-756pro3+tokyo ハイパワーで1kw、アンテナが5バンドHexビームとのことで、このアンテナは当局がクワッドを作る前に結構検討したので興味があり少し話した。 イラストのように2エレなんだが、短縮ではないのと、すこぶる小さいこと、マルチバンドにしてもうまくマッチングが取れる(MMANAで絵をかいてやってみたがうまくマッチングもとれそう)など面白いし、自作に向いているアンテナだと思ってはいたが、そう思いながらも、何とはなしにクワッドが出来てしまったので、それよりは性能が落ちる感じがしてトライしないできてしまっている。 彼の話でもクワッドが作れない市街地なので、これにしたんだとの事。<br /> 当局もクワッドが形状や体力(なんせ空中組み立てなんで)などの都合で作れなくなったら、<br />やってみるつもりである。破れたビーチパラソルが手に入れば簡単かも知れない。</span>
77

2月だ!春のコンデション始まりだ!

今朝はどうせ未だ、聞こえていないだろと9時ごろ15mバンドをワッチして驚いた。 一局だけだけどガツンとLUが入っている。 あわてて終わるのを待ってQSOをした。 9 de Julio,{7月9日}という街〈アルゼンチンの独立記念日、LUには記念日を市の名前にしているところが沢山ある。〉のLU8DJFアレハンドロ氏で超OMである。 免許は1947年だというから私より、10年も前だ、 設備も最新で、FTDX5000とか言... <a href="http://blog-imgs-44.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/lu8djf.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-44.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/lu8djfs.jpg" alt="lu8djf" border="0" width="466" height="350" /></a><br /><span style="color:#000000">今朝はどうせ未だ、聞こえていないだろと9時ごろ15mバンドをワッチして驚いた。 一局だけだけどガツンとLUが入っている。 あわてて終わるのを待ってQSOをした。 9 de Julio,{7月9日}という街<br />〈アルゼンチンの独立記念日、LUには記念日を市の名前にしているところが沢山ある。〉のLU8DJFアレハンドロ氏で超OMである。 免許は1947年だというから私より、10年も前だ、 設備も最新で、FTDX5000とか言っていたが、9+10dbで入っていた、当局の信号は58-9とのこと、夕食前のひと時、〈こちらは朝食後〉ラグチュウを楽しんだ。 LUは今では局数が少なくなっているようだが、設備の格差〈貧富の格差?)が大きいように感じる。 きくところによると山手線の内側に相当する広さの農場主というのも珍しく無いとか。 しかし、一般には520など古いリグとDPなどで運用している局も多いので、コンディションが最良にならないとバンドが大賑わいにならないのではと思うのでそれが待ち遠しい。</span>
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。