FC2ブログ
プロフィール

grid-header1

Author:Sanyo
¡ Bienvenido a mi pagina !

Un chico enamorado de la comunicacion o la Radio, Transcurridos 50 años de mi primera licencia no ha cambiado mi modo de pensar.

Empecé Radio afición en 1958 y luego estaba divirtiendo lo.
Miren la página de QRZ.com y JA1COR
Esperen poco ya que todavía no he preparado la pagina escrita en castellano.

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

97

こんなQSOがしたかった!(と思ったな)

今朝は大地震発生後、の暗い日常を忘れさせる楽しいQSOができた。 やはり、ハムをやっていて良かったと思う。早起きしたので各バンドをワッチしていたら28.5より少し上でスペイン語がきれいに入っている。 しばらくワッチしていたらチリの局でスペインのカナリア諸島の局(そちらは入感なし)と交信している。 で話の中身はアンテナはW3DZZで80/40メータ用だとのこと。 非ビームアンテナとは信じられないほどよく入っ... <a href="http://blog-imgs-36.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/CE3DKM_yo.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-36.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/CE3DKM_yos.jpg" alt="ce3dkm" border="0" width="466" height="350" /></a><br /><span style="color:#000000">今朝は大地震発生後、の暗い日常を忘れさせる楽しいQSOができた。 やはり、ハムをやっていて良かったと思う。<br />早起きしたので各バンドをワッチしていたら28.5より少し上でスペイン語がきれいに入っている。 しばらくワッチしていたらチリの局で<br />スペインのカナリア諸島の局(そちらは入感なし)と交信している。 で話の中身はアンテナはW3DZZで80/40メータ用だとのこと。 非ビームアンテナとは信じられないほどよく入っていたので何度かブレークをしてみたが、だめ、でもカナリアの信号が弱くなったらしくようやく、気がついてくれた。<br /><br />  彼はCE3DKM Eduardoでサンチアゴ市内、57ぐらいでクリアに入っている。で、アンテナのことなどを聞いてみると、80/40用のワイアーアンテナ(W3DZZ)でパワーもベアフットだとのこと。 アンテナが好きでいろいろ実験していること。今、計画しているのはマグネチックループだとのこと、日本の地震被害のこともよくしっていること、など、こちらからもチリはイースター島から最南端のプンタアレナまで、旅行していること、アンテナの実験はこちらも大好きで、ぜひ、がんばってほしいこと、地震では距離は離れているが、きわめて似た環境でわれわれもチリの地震はひとごとではないと思っていること 、そして懸命にわれわれも復興に力を注いでいることなど、ほとんどJA国内とおしゃべりしているような感覚でQSOができた。<br />  <br /> 彼も興奮していて、(おそらく始めてJAとラグチューした?)だんだん声がかすれていくのがわかった。不思議なことに30分以上安定に100%コピーの状況が続き無事に 交信が終わったあとも同じ周波数でローカルの局に交信の内容を興奮して説明しているのが聞こえていて、嬉しかった。 <br /><br /> こんな交信が出来ると一日、幸福感に包まれて幸せな気分でいられる。 当局はDXハンティング、コンテスト、アワードハンティング、QSL集め、に興味のない人間だが<br />ささやかな設備でも外国との交信を夢見て、あれこれ工夫して、努力している外国局をみつけて交信し、彼の努力におめでとう、がんばってと声をかけることに生きがいを<br />感じるハムである。(どちらかというと、金に糸目をつけないデラックスな設備で、局数を裁く外国局との交信よりはこんな局と日常の工夫や努力の内容を話すほうがよっぽど楽しい。)<br /> そこには地球の裏側に住んでいる自分の昔の姿に良く似た人間を見つけることが出来るし、たとえ環境が違っても、そういう人間に対しては激励して、出会えたことを喜び合いたいし、そのためにだけではないが、外国語の学習がついに役に立ち、心が通じあえたということは、感激的だ。 これからもそういう交信を楽しみたいと思い、受信機のダイアルを上へ下へ回すことにいそしみたい。</span>
96

リアス式海岸

スペイン、北西部ガリシア地方 リアス地帯 今回の地震と、津波は東北地方、三陸海岸が大変な被害にあった。 このあたりは中学校の地理の時間に入江が入り組んだリアス式海岸だと教わった。で、そのときからリアス式とはそういった地形や形状を表す地理の専門用語だとずーっと思っていた。 しかし、20年以上も前にスペインのガリシア地方に旅行したとき、そのあたりがリアス地帯とよばれ、三陸海岸地帯をあらわす言葉の起源に... <span style="color:#000000">スペイン、北西部ガリシア地方 リアス地帯<br /><br /> 今回の地震と、津波は東北地方、三陸海岸が大変な被害にあった。 このあたりは中学校の地理の時間に入江が入り組んだ<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%82%B9%E5%BC%8F%E6%B5%B7%E5%B2%B8" class="tagword">リアス式海岸</a>だと教わった。<br />で、そのときからリアス式とはそういった地形や形状を表す地理の専門用語だとずーっと思っていた。 しかし、20年以上も前にスペインのガリシア地方に旅行したとき、そのあたりがリアス地帯とよばれ、三陸海岸地帯をあらわす言葉の起源になったことを知った。<br />(もうその頃、スペイン語を使ってQSOを始めていたが、何とかレベルを少しでも上げようとスペイン語圏に旅行することを心がけていた。)タクシーの運ちゃんに静かでよさげな<br />海岸をと注文をつけて連れて行ってもらい、そこで、1週間ほど、夏休みを過ごしたことがある。 そこは<br /><br /><img src="http://blog-imgs-44.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/750galicia-coruna-muross.jpg" alt="Muros" border="0" width="547" height="167" /></a><br /><br />Murosという村でリアスの地域にあり、海岸のひなびた村であったが、夏にはバカンス客で人口が増えるというところで、何にもないところだった。ところで、リアスだが、この言葉は何のことはないスペイン語でRia(入り江)で、その複数形がRiasである。 ちなみに川は男性形のRioで<br />有名なRio de Janeiro は一月の川ということになる。 つまり、入り江地帯のことをRiasというわけで、 リアス式なんていうから何か難しい理屈があるのかと思っってしまったわけなんであるが、入り江地帯といえばそれでもよかったのである。<br /> このあたりはやはり、三陸海岸と同じ、養殖がさかんで、なぜかあちらはムール貝の養殖が多い。スペイン語でMejillon メヒジョンだが、その言葉を知らなかったので、<br />運ちゃんが黒くて長くてと、懸命に説明してくれたのだが、脇でXYLがそれってムール貝のことじゃないの?と日本語で言ったら、運ちゃんがそれそれといった。そういえば、<br />料理の言葉はフランス語が多いし、それが日本語にもなっている、そしてこの運ちゃんもフランスからの観光客が多いのでフランス語も話すんだとか。<br /> 南のムルシアに行った時、街角にMejillonera(ムール貝屋)という店をみつけて入ったら、そこはムール貝料理のみ提供するところで、ビールを飲みながらのムール貝は絶品だったし、北のサンチアゴデコンポステーラのカテドラルへの参道脇にはPulperia(蛸屋)というのがあって、そこの魚介類の料理も最高だったが、庭で食べると時としてかなり高くつくのは、後で知った、店の外側、道端は料金が高いので要注意である。<br /> そうだ、食べ物はフランス料理を通じて入った言葉が国際的に使われているんだ、そうイタリアに行くと道路標識にもFermataなんてかいてあって、音楽用語がふんだんにあふれていた、<br />では日本語はどんなところで国際語になっているかというと、Tunami (やはり、昔から日本の津波は世界一だったんだなー)そして柔道用語<br />(これはイタリアに出張したとき、麻酔科の医者が俺は日本語をしっているというから聞いてみたら、二枚蹴り、XX蹴り XX蹴りとやたら投げ技をいい、柔道をやっていたといっていた。<br />まあ、確かに日本語だが、日常生活には使えない。 そして、昔FENラジオで相撲中継を聞いたとき、Gappuri Yottu と盛んに言っていたのを思い出した。 しかし、今ではなんといってもMangaで、スペインの若者にも大人気でバルセロナには秋葉原をまねたコスプレの店までできているそうな。 しかし、彼女らはもともと持っている西洋風の美しさなどより、日本のGalにあこがれているようで、あべこべみたいで、うまくいかないものですな。<br /> <br /> ということでガリシアは言ってみれば日本の東北地方に匹敵する田舎であるが、南米に移り住んだ人間が多いのでも有名である。 ガリシア人のことをガジェゴと田舎もの呼ばわりしているがアルゼンチンにはリオガジェゴという地域(ガリシアの川の意味)がある。南のパタゴニアで厳しい自然の場所だが食い詰めて移り住んだんだろう。<br />ひとつだけ日本の東北と違うのは地震がないことか。<br />かのキューバのカストロもここらへんの出身とか、もう少しフランスよりのカンタブリアの海岸のカストロ・ウルデアレスのハムの友人に、フィデルというのがいて、自分でもComandante (司令官)だぞ、なんてよく言っていた。</span>
  • Date : 2011-03-22 (Tue)
  • Category : 未分類
94

電波と放射線

今回の原発の事故を知って思い出したことがある。今から半世紀前、厚顔(ちがう紅顔の)の美少年だったころ、最初に就職し、配属された部所は放射線モニターの設計部所で、いきなり、放射線サーベイメータをやらされた。小さな携帯用ガイガーカウンタの校正をやらされた。 管理されているアイソトープを庭に出し、距離を変えながらメータの値を校正していく、もちろん、被曝量をモニターするフィルムバッジをつけて。 今の放射線... <span style="color:#000000">今回の原発の事故を知って思い出したことがある。<br />今から半世紀前、厚顔(ちがう紅顔の)の美少年だったころ、最初に就職し、配属された部所は<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A" class="tagword">放射線</a>モニターの設計部所で、いきなり、<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A" class="tagword">放射線</a>サーベイメータをやらされた。<br />小さな携帯用ガイガーカウンタの校正をやらされた。 管理されているアイソトープを庭に出し、距離を変えながらメータの値を校正していく、もちろん、被曝量をモニターするフィルムバッジをつけて。 今の<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A" class="tagword">放射線</a>量の単位のシーベルトというのはそのころ使っていなかったのでイメージがわかない。 そして忘れていたことを思い出すことにした。<br /><br /> その後アマチュア無線家としての長い時間があったので、ここでは無線と結びつけて考えてみることにした。 そのほうが理解しやすそうで、身近な感じなので、<br />以下間違いを恐れずに説明をするので半分疑いながら読んでいただきたい。<br /><br />放射性物質が放出する<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A" class="tagword">放射線</a>(電離<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A" class="tagword">放射線</a>)には二種類あり、電磁波と、粒子線があるが、電磁波に属し、波長が光や電波と違い、短いものをX線、ガンマ線などという。そして、それ以外の電子線(ベータ線)やアルファ線、中性子線など、粒子によるものがある。<br /><br />で、なんでガンマ線やX線を電離<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A" class="tagword">放射線</a>と呼ぶのか、同じ電磁波の光や電波はそう呼ばないのか、実は何も気に留めていなかった。 で、今回もう一度、資料を見ると<br />------------------------------------<br />エックス線などの放射線が物資中を通過するとき、経路上の原子から電子を剥ぎ取ってしまう。<br />これを電離作用、またはイオン化作用という。<br /> <br />エックス線などの放射線が持つエネルギーは高い。経路上の原子は、エックス線などの放射線の通過によってこのエネルギーを得ることになる。<br />電子はエネルギーに応じた軌道に居るが、エネルギーを余分に得たことによって、飛び出してしまうのだ。<br />------------------------------------<br />つまり、エネルギーの違い、(波長の違い)でX線やガンマ線はエネルギーが光や電磁波よりはるかに高く、イオン化作用が強い。ということは<br />ぶつかった原子から電子を奪うので原子は電気的に中性でなくなるし、その原子は変質することになるわけで、われわれの肉体の一部もダメージを受けることになる。<br /><br />で、話は元に戻るがガイガーカウンタ(GM計数管を使用した放射線検出器)は放射線のイオン化作用を利用した検出器であり、<br />中性子線以外は検出の可能性があるが、実際には線種により、効率が違う、たとえばX腺でも波長の長い軟X線などは難しいし、ベータ線などはGM管の窓が電子線を通過させられるようになっていないと計測できない。 (GM管は金属の筒にある種のガスを封じ込み中心にアノード電極を入れただけのシンプルなものである)<br /><br />ところで、GM管サーベイメータはGM管さえ手に入ればごく簡単に作ることが出来る。(秋月にもキットがあった。) 高電圧(GM管により電圧異なるが数100v、当時のphilips<br /><br />のGM管では300から400vで電流容量は1mA以下でOKであった)電源が必要であるが、 この電圧をアノードに高抵抗(例えば1MΩ)を介して印加し、小さなカップリングコンデンサーで放電パルスを取り出し計数回路、(デジタルでは時間当たりの計数値、アナログではレートメータと呼ぶ時間当たりのパルス数に比例したメーター指示をさせる)で表示させる。ここで計数するパルスはランダムパルスである。 日常使用している電波は連続した一定の周波数を持つ周期性のある信号なので、理解がしにくいがこの話は高度な話で私も半世紀経過しても理解できないので説明しろといわれても出来ません。<br /><br />この計測器は簡単に作れるが、数値の校正は放射線の強度が明らかなアイソトープなどの放射線源を使わないといけないのでわれわれでは不可能だが、絶対値は別として、これで放射線強度を相対的に知ることは出来る。<br /><br />こうして考えると電磁波でもV,U,HFなどは人体に対してはあまり影響はないが、周波数が高くなるにつれ危険性は増すので、若者諸氏は携帯電話などはあまり、生殖器官(もっともダメージを受けやすい-特に男性はその構造から距離に要注意-)に引っ付けないようにすべきであり、股間に挟んでカンニング用途に供するなど、とんでもないことなのである。(電波の強度は距離の二乗に逆比例するのだ)</span>
  • Date : 2011-03-20 (Sun)
  • Category : 未分類
92

サンスポット最盛期のひそかな楽しみ

サンスポット最盛期のひそかな楽しみサンスポットは実に137にまでなった。 当局はDXハンティングはやらない。(出来ない。)コンテストもやらない(出来ない)しかし、オーバーシーはやる。というより、開局当時よりの夢であり、これを楽しみにしている。ではどうやって楽しむのか。 国内QSOでもラグチュー好きであり、国外もそれを望んでいるが、なかなか楽しむどころか脂汗状態からいまだに抜け出せない。しかし、30年ほど... <span style="color:#000000"><span style="color:#000000"> </span><span style="color:#000000"></span>サンスポット最盛期のひそかな楽しみ<br /><br />サンスポットは実に137にまでなった。 当局はDXハンティングはやらない。(出来ない。)コンテストもやらない(出来ない)<br />しかし、オーバーシーはやる。というより、開局当時よりの夢であり、これを楽しみにしている。ではどうやって楽しむのか。<br /> 国内QSOでもラグチュー好きであり、国外もそれを望んでいるが、なかなか楽しむどころか脂汗状態からいまだに抜け出せない。<br />しかし、30年ほど前から西語を初めて、すこし様子が変わった。 こちらは英語ほどポピュラーではないので下手さ具合もあまり<br />気にならないので都合が良く、ロケーションも南米方向が良く入感するので頻繁に交信するようになった。<br /> で、コンデションが上がってきて特に28など、ハイバンドが開けるとあちらのローカルラグチューがS9で入るようになる。<br />28はCB機を改造したりして出ている局もいたりして、割とアクティビティーが高いのも都合が良い。<br />今朝は28.300でスペイン語のラグチューが聞こえたのでブレークしたら南カリフォルニアのW6GZM Guadalupe とKB6MWX Jose-miguel <br />で、二人ともヒスパニック(メキシカンらしい)で、どこから呼ばれたか理解できず、混乱していた。 いろいろ説明してどうやら<br />日本からというのがわかったみたいだが、そうこうしているうちにフェードアウトしてしまった。 <br /> 丁度、JA局同士が50あたりでローカルラグチューをしているところにWからブレークがあって、慌てふためいている状態が想像<br />出来る。 こうしてびっくりさせてその後、おなじみさんになってもらうこともあったりして楽しいわけなんでございます。<br />じーっと彼らの交信をワッチしていて、何の話をしているか聞いていて、ブレークをかけるタイミングを見計らっている<br />わけでありまして(ネクラだな)、ま、かなり、ひねくれた遊び方ではありますな。<br />しかし、知り合いの日本人の某WA6F*K局も28でJAのモービル同士の交信を聞いていてブレークをかけて驚かせたといっていたので、同じような楽しみをしていたに違いない。</span>
91

ロングパスもがんがん。

今日は実に黒点数が118にもなった。 で、こうなったらどこもかしこもどっぴらけとなるかというとそうでもないから不思議である。確かに6mはFK8が開けていたが、ちょっと呼んでもパイルの中から抜け出せなかったし、10m、15mもあまりぱっとしない。 しかし、夕方から20mと17mのロングパスのヨーロッパが入ってきて何局か交信した。 当局はショートパスが地形の関係で出来ないので、このチャンスはありがたいのだが... <span style="color:#000000">今日は実に黒点数が118にもなった。 で、こうなったらどこもかしこもどっぴらけとなるかというとそうでもないから不思議である。<br />確かに6mはFK8が開けていたが、ちょっと呼んでもパイルの中から抜け出せなかったし、10m、15mもあまりぱっとしない。 しかし、夕方から<br />20mと17mのロングパスのヨーロッパが入ってきて何局か交信した。 当局はショートパスが地形の関係で出来ないので、このチャンスはありがたいのだが。<br /> 数局交信した中でスペインは北部EA1とカナリア諸島のEA8と少しおしゃべり、<br /> このEA8DOマノロはかじきマグロを釣り上げたようで、このクレーンで上げた写真をほめたら嬉しかったようで私のつたないスペイン語に対してもお世辞を言ってくれた。<br />しかし、ロングパスで強力な信号を送り込んでくるEUの局は限られていて、設備もアメリカナイズされた感じがして(ステップIRアンテナを使用している局も多い)南米の局に比べるとかわいげがないように思える。 もっとも、EU側からはJA局に対して同じような見方をされているとは思うが</span>。<a href="http://blog-imgs-44.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/Barco_ea8do.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-44.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/Barco_ea8dos.jpg" alt="barcodeea0do" border="0" width="262" height="349" /></a><br />
90

ついに6mでVKと交信!

今日、半世紀のブランクを経て、再度6mでVKと電話で交信、もちろん当時はAMだったが、今回はSSBでバチっと59+で入っていたにもかかわらず、JAの局が多すぎてファイブナインQSL!の交信にたどり着くまで大変、そして最後はあっけなかったがそれでも感慨深い。 やはりSSBの威力だ、当局のまがい物のクワッドアンテナと(ラジエータ21/28のループ+ レフレクター、一周6mループ+ATU)+IC756ベアフット100w で出来... <span style="color:#000000">今日、半世紀のブランクを経て、再度6mでVKと電話で交信、もちろん当時はAMだったが、今回はSSBでバチっと59+で入っていたにもかかわらず、JAの局が多すぎてファイブナインQSL!の交信にたどり着くまで大変、そして最後はあっけなかったがそれでも感慨深い。 やはりSSBの威力だ、当局のまがい物のクワッドアンテナと(ラジエータ21/28のループ+ レフレクター、一周6mループ+ATU)+IC756ベアフット100w で出来た、実感がわかないし、感激もないが、パイルアップはすごかった。当時は送受信設備とアンテナを自作して交信したので達成感が違うのは当然かも。<br />今回VK4BG局との数秒間の交信だったが、何局か他にも出ていたけれど、一局で十分な感じ、 当時の6mバンドは極端に局数が少なく、楽にQSOが出来たのを記憶している。<br /> ラグチューが可能な強力な信号で入っているのでしばらくこのコンディションが続いてJAの皆さんが飽きてくればもうちょっとリラックスした交信が出来るのではないかと期待したい。<br />何はともあれ、50年以上前、当時のVK4NG,VK4ZAZなどとのAMでの交信の様子ががよみがえってくる。当時、高校生だったが、本当に興奮した。<br />半世紀後にまた、こうして交信出来るとは考えもしなかったが、続けてきてよかったと思う。</span>
88

楽しいハムライフを送っているのはどこの国?

けさ、21で交信したLU1ECZ angelは結構名の知れたOMのようだが、こちらは何も知らないので気楽に呼んでQSOが始まった。QRZ.comをみろとの仰せだったので、交信終了後みてびっくり、 なにがすごいって、 彼のANTENAファームやシャックではない。それはもちろんすごいんだが、 誕生日の祝いのケーキの上に(誕生日お目でとう、アンヘルじいちゃんーAngelito)なんて書いてあって孫や娘たちとそしてケーキの上にはタワーとヤギなん... <a href="http://blog-imgs-44.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/lu1ecz1.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-44.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/lu1ecz1s.jpg" alt="lu1ecz1" border="0" width="466" height="350" /></a><br /><span style="color:#000000">けさ、21で交信したLU1ECZ angelは結構名の知れたOMのようだが、こちらは何も知らないので気楽に呼んでQSOが始まった。<br />QRZ.comをみろとの仰せだったので、交信終了後みてびっくり、 なにがすごいって、 彼のANTENAファームやシャックではない。それはもちろんすごいんだが、<br /> 誕生日の祝いのケーキの上に(誕生日お目でとう、アンヘルじいちゃんーAngelito)なんて書いてあって孫や娘たちと<br />そしてケーキの上にはタワーとヤギなんぞも飾ってある。まあ、お金持ちでもあろうが、何より、家族や友人に囲まれて幸せなハムライフを楽しんでいるOMだなーと<br />うらやましく思った。<br />ここのところ、WのOMの写真と、LUあたりの局の設備の差が気になっていたが、経済的なものもあるが、幸福度のようなもので比較するとすればどうかなと考えさせられた。</span>
    Return to Pagetop