FC2ブログ
プロフィール

grid-header1

Author:Sanyo
¡ Bienvenido a mi pagina !

Un chico enamorado de la comunicacion o la Radio, Transcurridos 50 años de mi primera licencia no ha cambiado mi modo de pensar.

Empecé Radio afición en 1958 y luego estaba divirtiendo lo.
Miren la página de QRZ.com y JA1COR
Esperen poco ya que todavía no he preparado la pagina escrita en castellano.

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1378' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
140

コンディションはちょこっと冬枯れ気味?

ここのところ、ハイバンドのコンディションは不安定の様相で以前のような圧倒的な強さと長時間のオープニングが無くなって来たが、それでも諦めきれず、28や21で日に一度は空CQをがなっている。  今朝、21でQSOしたMiles AB0RJのアンテナだが、2エレデルタループとのことだったがQRZ.Com でみるとこれは普通に絶縁タイプのスプレッターを使った四角のクワッドを三角にしたような感じで 珍しいが、どんな... <a href="http://blog-imgs-31.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/ab0rj.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-31.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/ab0rjs.jpg" alt="ab0rj" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><span style="color:#000000">ここのところ、ハイバンドのコンディションは不安定の様相で以前のような圧倒的な強さと長時間のオープニングが無くなって来たが、それでも諦めきれず、28や21で日に一度は空CQをがなっている。<br /> <br /> 今朝、21でQSOしたMiles AB0RJのアンテナだが、2エレ<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%83%87%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97" class="tagword">デルタループ</a>とのことだったがQRZ.Com でみるとこれは普通に絶縁タイプのスプレッターを使った四角のクワッドを三角にしたような感じで 珍しいが、どんなメリットがあるのかと思った。<br /> 当ブログはたいして面白くも無いと自分でもわかっているが最低HFのループタイプビームのスタイルブックの様相も少しはあるのでここに載せることにしたい。<br /> <br /> 何でもMilesによると雪にいいんだとかチラッといっていたが、上側2辺と下側スプレッダーは雪が滑り降りていいと思うが下辺はどうかなと思う。<br /> Qbexのサイトによると十字架型クワッドも各所に張り付いた雪の重みが上の一本のスプレッダーのみにかかるので良くないとのこと。これも同じ構造だが下の一辺のエレメント以外は滑って落っこちるから大丈夫かな?<br /> 良くみると給電部辺りが少し上にあるようでどうやら痩せ三角形で下辺も雪が滑り降りる?<br />5バンドということだが確かにエレメントが幾つか見える。マッチングの方法など、幾つか聞いてみたいが、充分に自分の電波が届いている自信と簡潔に内容を説明する自信との二つがいくらか不足していて聞けていないのが実情で残念である。<br /> そうです、我らループビーム愛好者にとり、嫌な雪のシーズンが来た。積雪の可能性のある地域の諸OM、まけないでいきましょう。こわされてもフェニックスの如く生き返るぞ!</span>
138

バカヤロウ!といいたいが誰に言っていいかもわからない!

バカヤロウ!といいたいが誰に言っていいかもわからない!今回、久しぶりのUSA経由で中米へという航空切符を買ったが、格安商品のせいかどうかわからないが経由するだけのUSA本国なのに、切符には書いてない場所まで経由させられた。 つまり、成田からロスアンゼルス、そして ロスアンゼルスからコスタリカのサンホセまでの2枚の切符が成田で配られた。全く問題ない。 しかし、実際は違っていた。 ロスアンゼルスからは... <a href="http://blog-imgs-31.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/201112090623214bd.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-31.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/201112090623214bds.jpg" alt="31club" border="0" width="200" height="354" /></a><br /><span style="color:#000000">バカヤロウ!といいたいが誰に言っていいかもわからない!<br /><br />今回、久しぶりのUSA経由で中米へという航空切符を買ったが、格安商品のせいかどうかわからないが経由するだけのUSA本国なのに、切符には書いてない場所まで経由させられた。<br /> つまり、成田からロスアンゼルス、そして ロスアンゼルスからコスタリカのサンホセまでの2枚の切符が成田で配られた。全く問題ない。 しかし、実際は違っていた。 ロスアンゼルスからはテキサスのヒュ―ストンに行き、そこで飛行機を乗り換えてコスタリカに行ったのである。 そのことは何処にも書いてないどころかヒューストンのヒュすら書いてない。<br /> で、どうしたか成田―ロスアンゼルスの機内で傍に偶々コスタリカに行く人間がいてその人間にくっ付いていたので往路は解決した。(しかし、ロスアンゼルスでは入国手続きをさせられ、両手の10本の指の指紋を強制的にとられた。) 問題は帰りである。 ヒュ―ストンで降ろされた後、ロスアンゼルス行きは何処で乗り換えるかわからない。<br />そもそも、切符にも記述がないし、荷物の検査員に聞いたらわからないから航空会社の質問窓口にいけとのこと。 でそこを見つけて質問したところ、 窓口の南部なまりのおね-ちゃんはいぶかしげにぶつぶつ言いながら貴方なんでここにいるんだとのこと。あわてた我輩は口をあわあわ、パクパクと状況を説明するも納得は得られず、しかし、しばらくパソコンのターミナルを見ていた彼女がアッと驚いてその飛行機は今まさに離陸しようとしているから、ゲートに急げとのこと。 <br />そのゲートとはツィルティナインだとのこと。 ああ、29かといったらいやツィルティナインだと、うん29だなと言っても違うとそして紙に大きく書いた<span style="color:#ff0033"><span style="font-size:large;"><strong>39</strong></span></span>! そこから走った走った。まあ何とか乗務員お出迎えのなか、乗り込むことが出来たが、その前にも両手の10本指の指紋と顔写真をとられた後で(何で往復とも同じ事をやるんだと)いらいらしていたのだが、またまた、この騒動で、体力、精神とも疲弊した。<br /> 確かにThirty Nine だから彼女の発音こそ正しいのかもしれないが我々日本人はその発音はオセーてもらっていないんだ!、そして我輩の耳にはトゥエンティナインにより近い感じに聞こえるのだ。 そうだ、アイスクリームだってサーティワンだぞ!<br /> ところでこの飛行機の飛び方は恐らくUSA当局が米国外を旅行するTransitの乗客の個人情報を丸ごと採取しようと意図的に航路を変更させたのではと自分は思っている。</span>
  • Date : 2011-12-09 (Fri)
  • Category : 外国語
137

レストランでかしこまって食べたくなーい (場合の話)

海外に出かけた時、いつもいつもディナーを外でというのも結構辛いものがあり、(特に我々日本人には食事の量が問題で、食べ過ぎにならないように気を使うことが多い。)で、最近では注文する前に説明して妻と二人で一人分の料理を頂くようにしているが、大体はそれでうまく行っているが、料理によっては半分に出来なかったり、色々神経を使う。 で、食欲もないし、珠には日本に居るときと同じようにスーパーで適当なものを買って... <a href="http://blog-imgs-31.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/P1020659.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-31.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/P1020659s.jpg" alt="pot" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><span style="color:#000000">海外に出かけた時、いつもいつもディナーを外でというのも結構辛いものがあり、<br />(特に我々日本人には食事の量が問題で、食べ過ぎにならないように気を使うことが多い。)<br />で、最近では注文する前に説明して妻と二人で一人分の料理を頂くようにしているが、大体はそれでうまく行っているが、料理によっては半分に出来なかったり、色々神経を使う。 で、食欲もないし、珠には日本に居るときと同じようにスーパーで適当なものを買ってきてホテルの部屋でと思うが、どうして食べるか工夫がいる。<br /> <br /> 写真の道具はメキシコ旅行中に道具屋のようなところで購入したもので、投げ込み式の電気ヒータで500wぐらいで、100-130v位用と 200v用がある。<br />(値段は1000円程度、日本製には電圧自動切換えのものがあるが値段が高いのにすぐ壊れた。 あらかじめ行き先の電圧がわかっていればこの簡単なものが寧ろ問題がなくてよい。)<br /><br />適当な耐熱性のカップに水を入れこれを投入して電気を&#32363;ぐと数分でお湯が沸くのでインスタント食品やコーヒー、お茶など飲めるし、水を購入しなくても安全な殺菌済みの水が得られる。<br /> (熱湯を扱うのでやけどに注意)<br />今や、日本のカップラーメンなどは世界的な広がりを見せていて何処でも入手できるので便利である。メキシコでTVを見ていたら <i>マルちゃん </i>しようと宣伝していた。 (インスタント食品を食べようの意) スペイン語にマルチャ-ルと言う動詞、(出発する)があり、それに掛けたのだろうが、今やMaruchanも世界的に有名である。</span>
  • Date : 2011-12-08 (Thu)
  • Category : 旅行
136

コスタリカのTVアンテナ

無事に帰国できました。(海外に行く時は普通は向こうの馴染みの局長とアイボールするのだが、TIは局が少ないのに加えて大抵パイルになるのでラグチュー仲間がいなく、今回はハムを忘れて過ごすことにした) しかし、やはり、景色を見ていても本能的にアンテナは気になる。局数が少ないからか、ハムのアンテナは少なく、トライバンダーを何度かみた他は、一度だけクワッドを見かけたぐらいだった。 テレビは、未だ地デジに切り... <a href="http://blog-imgs-31.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/antenacostarica.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-31.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/antenacostaricas.jpg" alt="costaricatv" border="0" width="547" height="550" /></a><br /><span style="color:#000000">無事に帰国できました。(海外に行く時は普通は向こうの馴染みの局長とアイボールするのだが、TIは局が少ないのに加えて大抵パイルになるのでラグチュー仲間がいなく、今回はハムを忘れて過ごすことにした) しかし、やはり、景色を見ていても本能的にアンテナは気になる。局数が少ないからか、ハムのアンテナは少なく、トライバンダーを何度かみた他は、一度だけクワッドを見かけたぐらいだった。<br /> テレビは、未だ地デジに切り替わっていないようだが、アンテナの構造はわが国とは違っていてユニークなものがあり面白いし、何か真似できそうなものがあるかもしれないので写真を撮っておいた。<br /> 左上の{後ろ側がログペリみたいで前がUHFの八木}のようなものが割りと多かったが<br />左下のシンプルなT字型(恐らくDP)も結構あった。<br /> 右上のFDを曲げて横幅を節約したものも面白い。 反射器付きコニカルを4パラにした右下のものも案外ゲインがありそうで面白い。</span>
133

コスタリカの変わった食べ物を試す。

プントアレナにまだいる。(ここはニコヤ湾に突き出す奇妙な格好のごく小さい半島になっている。)昨日は海岸を散歩していて飽きてしまったので反対側のニコヤ半島にフェリーで渡ったが、何にも無い場所で写真のような木が生えているだけで人もいないし、移動もままならない、ごく不便な場所であわてて戻ってきてしまった。 で、今日は現地の人が利用するバスを使って少し移動した。 そこで病院の前で果物を売っていたので覗いた... <a href="http://blog-imgs-31.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/P1020625.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-31.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/P1020625s.jpg" alt="peninslanicoya" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><span style="color:#000000">プントアレナにまだいる。(ここはニコヤ湾に突き出す奇妙な格好のごく小さい半島になっている。)<br />昨日は海岸を散歩していて飽きてしまったので反対側のニコヤ半島にフェリーで渡ったが、<br />何にも無い場所で写真のような木が生えているだけで人もいないし、移動もままならない、ごく不便な場所であわてて戻ってきてしまった。<br /> で、今日は現地の人が利用するバスを使って少し移動した。 そこで病院の前で果物を売っていたので覗いたら、こんな果実が売っていた。 聞くと、<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%BC" class="tagword">マンゴー</a>のなんとかだとのこと。 でどうして食うんだと聞くと塩をつけて食うんだとのこと。6個ほど買ったら約2USドルということで、塩までつけてくれた。<br /> ホテルに帰って早速、塩を振ってかじってみると、香りは確かに<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%BC" class="tagword">マンゴー</a>だ。しかし、かなり酸っぱく、ちょうど昔、梅の実を収穫時期にかじったのと同じような味と食感がした。<br /> ビールを飲みながら食べてみると意外といける。 種の部分も柔らかいがこれはひどい味がするのでかじらない方がよい。どうやらこれは<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%BC" class="tagword">マンゴー</a>の赤ちゃんではないかと想像した。 さて、何でも口にしたい我輩だが、命を危険にさらすことはない、臆病な人間ではあるが、感触としてこれは大丈夫なような気がした。しかし、3個でやめておく事にした。 何しろ無事に帰国しなくてはいけないのであるから。</span>
  • Date : 2011-12-02 (Fri)
  • Category : 旅行
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。