プロフィール

grid-header1

Author:Sanyo
¡ Bienvenido a mi pagina !

Un chico enamorado de la comunicacion o la Radio, Transcurridos 50 años de mi primera licencia no ha cambiado mi modo de pensar.

Empecé Radio afición en 1958 y luego estaba divirtiendo lo.
Miren la página de QRZ.com y JA1COR
Esperen poco ya que todavía no he preparado la pagina escrita en castellano.

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1378' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
181

クワッドの部品、材料

このブログを立ち上げて2年とちょっとになる。 最初の動機はブログとやらを作ってみたかったのだが、その動機の動機は開局以来、自分では諦めていたアンテナいじりの楽しみ、そしてそれによる海外局とのラグチュウの楽しみを見つけたことから、自分と同じようにいじけたハムライフを送っていた諸兄ともこの喜びをわかちあい、お救い申し上げたいとの高邁な、かつまた傲慢な発想がもとであった。  で、これまでのところ、やはり... <a href="http://blog-imgs-50.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/CQparts.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-50.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/CQparts.jpg" alt="CQparts" border="0" width="640" height="480" /></a><br /><span style="color:#000000">このブログを立ち上げて2年とちょっとになる。 最初の動機はブログとやらを作ってみたかったのだが、その動機の動機は開局以来、自分では諦めていたアンテナいじりの楽しみ、そしてそれによる海外局とのラグチュウの楽しみを見つけたことから、自分と同じようにいじけたハムライフを送っていた諸兄ともこの喜びをわかちあい、お救い申し上げたいとの高邁な、かつまた傲慢な発想がもとであった。<br /> <br /> で、これまでのところ、やはり、自作のアンテナ、特にワイアでつくれるループ系などのアンテナには関心が寄せられていて実際に試してみている立場でもその人気の高さは理解できるのである。<br /> <br /> アンテナの必要条件は空中に導体を展開することで、形状、高さなどが希望通りのものをフワッとアドバルーンみたいに上げられれば、それでいいのだが、残念ながら、安全でしかも耐久性もある程度あるものとするために必要なごつい構造とせざるを得ないし、必要なパーツも調達しないといけない。だからごちゃごちゃ云わずにさっさと何をどこから手に入れるか教えろ、ということなんだろうが、まあ、まあ、落ち着け落ち着け。<br /> <br /> オンエアー中によく質問されたのが材料で、特に<a href="https://blog.fc2.com/tag/X%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%88" class="tagword">Xマウント</a>とスプレッダーに関してはあまり、市販が少ないようで悩んでおられるOMも多いのではないだろうか。<br />当局の場合、最初はホームセンタで見かけた鮒つり用のファイバー竿を使ったが、雪でめちゃめちゃにやられたので同じものを二重にして使っている。 2本ずつ使うので少しお金がかかるが、軽いので現用している。 <a href="https://blog.fc2.com/tag/X%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%88" class="tagword">Xマウント</a>は何十年前に大阪のメーカから仕入れたクワッドキットの鉄製のサビだらけのものがあったので、錆落としをして錆止め塗料をぬって使っている。<br />ただし、その後3エレ化した時にスプレっダーと<a href="https://blog.fc2.com/tag/X%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%88" class="tagword">Xマウント</a>を北陸の某クワッド屋さんから購入し追加エレメントに使用している。ここの品物は良いと思うが、ちょっとお高いので、次に釣竿と古い<a href="https://blog.fc2.com/tag/X%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%88" class="tagword">Xマウント</a>が消耗したら次期クワッドでは材料を変える予定で既に他の調達先を見つけ購入してある。<br /> <br /> 尚先日、EA5HJV Frankと交信時、教えていただいたEA1DDOのサイトによれば、クワッドのメーカは世界中にはずいぶんたくさんあるようで、もちろん北陸方面のも入っているが、きちんと外国ヘの出荷まで考慮されているところは少ないような気がする。 以下、今回購入したものを記す。<br /> <br />ファイバースプレッダー    DXエンジニアリング( 直接購入)<br />            1インチ径及び3/4インチ径の2本つなぎ(一本2.4m)<br />             肉厚3mmでテーパーではない。丈夫そうだが重い<br /><br /> <a href="https://blog.fc2.com/tag/X%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%88" class="tagword">Xマウント</a>          Cubex クワッド<br />             ここはウェブサイトによればかなりの品揃えであり、たいていの部品も用意されているようだが、日本の代理店がはっきりしないどころかダメそうなのでメールで問い合わせて直接購入した。<br />マウントの特徴はブームのクランプが締め付け方式でブームを傷めないのが良いが、スプレッダーの固定は自分で考えるしかない。 値段はリーズナブルで諸費用を払っても安いので、簡単に買えれば便利だとは思うのだが。(PayPalで購入した)<br /><br /> スプレッダーの取り付け、エレメントの取り付け、に関して<br /> 一切説明がなくどうするのかわからなかったがどうやらガス配管の固定などに使うクランプを 使うのが良さそうで、日本でもネットを探すとステンレス製で各種サイズがあるのでそれを購入してある。<br />写真はCubexの<a href="https://blog.fc2.com/tag/X%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%88" class="tagword">Xマウント</a>(50mm径ブーム用)と 国内で調達した(USA製)パイプクランプ(エレメントを通すウレタンチューブを取り付けたところ)<br /></span>
180

VK2XTとの交信

Billは11月にCentenarian だ!ここのところ、冴えないゴンディションが続いてしょげているが、今日はほのぼのするQSOができた。 朝方、21でVK2XT Billが出ていたのでアンテナを向けて呼んだら応答いただき59-59でQSOが出来た。 やおら、説明していただいた内容では、11月には100歳になるとのこと。 そうだったんだ。 私には長いこと、VKが開いているかどうかのパイロットのように思っていたし、事実、JA の多くの局にと... <span style="color:#000000">Billは11月にCentenarian だ!<br />ここのところ、冴えないゴンディションが続いてしょげているが、今日はほのぼのするQSOができた。 <br />朝方、21でVK2XT Billが出ていたのでアンテナを向けて呼んだら応答いただき59-59でQSOが出来た。 やおら、説明していただいた内容では、11月には100歳になるとのこと。<br /> そうだったんだ。 私には長いこと、VKが開いているかどうかのパイロットのように思っていたし、事実、JA の多くの局にとって初VK、初海外局となった有名な親日家であるが、そんなお年に成られたんだと感慨深い。 で、身の回りを見回して、<br />その年代に近づこうとしている人間を思い浮かべるとやはり、彼の頭脳の若さは群を抜いているのではないかと思ってしまった。<br /> 交信の様子からはとてもそんなお年には感じられない。 彼のアンテナは自作4エレクワッドとのことだが、まさかほんとに手作りしているとは思えないが、しかし、まんざら嘘っぱちでもない感じで、(恐れ多いのでそのことを聞きただすことはできなかった)制作の陣頭指揮ぐらいはしたのではと想像している。<br /> やはり、長く(情熱的に!)無線を続けることは脳を若く保つに違いないと思うし、自分もあやかりたいものである。<br /> 写真はネットから見つけ出したものだが右の人物がBillで7-8年前の写真である。 肖像権という点では怒られるかもしれないが、ハツラツとした写真はむしろ、我々に羨望の思いを起こさせる程で、皆様の拍手さえいただけるのではと敢えて掲載させていただいた。<br /> QSO中にも言及したが氏の益々のご健康と、そして再度の交信を要望して73を送った。<br /></span>
179

クワッドの亡霊!

久しぶりにコンデションが戻ってきた。 日曜日の今日、昨日に続いてEA5HJV Frankと21のショートパスで抜群の信号強度同志で(58-9)でラグチューが出来たがこれは当局にとって極めて珍しいことで、今まで、当局のロケーションでは地形的にEAとショートパスでラグるのは不可能と諦めていた。んなものでアンテナが正常になるとこんなことが起こるのだと驚いたわけである。彼は4エレクワッドということで、クワッド同志の相性... <a href="http://blog-imgs-50.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/k1ied_snow.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-50.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/k1ied_snow.jpg" alt="k1IED_snow" border="0" width="600" height="800" /></a><br /><span style="color:#000000">久しぶりにコンデションが戻ってきた。 日曜日の今日、昨日に続いてEA5HJV Frankと21のショートパスで抜群の信号強度同志で(58-9)でラグチューが出来たがこれは当局にとって極めて珍しいことで、今まで、当局のロケーションでは地形的にEAとショートパスでラグるのは不可能と諦めていた。んなものでアンテナが正常になるとこんなことが起こるのだと驚いたわけである。彼は4エレクワッドということで、クワッド同志の相性の良さもあるのかもしれない。スペインのクワッド狂の情報を頂いた。<br /> <br /> で夕方には18メガで何度か交信したイーストコースト、コネチカットのK1IED LarryがCQを出していたので呼んだら応答いただいた。 こちらには59で、もらったのは57、やはり、10m長ブームの4エレクワッドということで、強力に入っていた。<br />しかしQRZを見たらこのように見たくない写真が飛び込んできてしまった。 そう、これは悪夢である。 この写真でも積雪の量は多くない。ここ青梅市の場合は風の心配は少ないのだが雪だけはなんともならない。頻度は少ないが、時として水をたくさん含んだ雪がベタっと張り付くとエレメントがアイスキャンディー状になる。QRZによると復旧に7週間かかったとのことだが、根性とそれから余程、このアンテナの性能に惚れ込んでいたんだろう。 自分ならこれを機会に別な形式のものに宗旨替えしていたかもしれない。 しかし、ことほどさようにクワッドに魅せられたということだから、まあ、再建を果たして幸せなんであろう。ご苦労様である。</span><br />
178

リニューアルしたアンテナの評価中。

写真はVK7AC Norm宅リニューアルアンテナ評価中 評価中ではあるが、どうやら、ガラリと以前のタイプ、(反射器-輻射器間隔、狭い)に比し、今回の反射器-輻射器広いタイプでは改善され、まともになった感じで、後から思うと当たり前かと思うが、やっぱり、実際にやってみないとわからない。 今朝、日曜の朝だが、21でLU8HH JuanがEAとやっているのが聞こえた。アンテナがEU方向を向いているらしく強くない。 しかし終わるの... <a href="http://blog-imgs-50.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/vk7ac-1.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-50.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/vk7ac-1.jpg" alt="vk7ac-1" border="0" width="799" height="531" /></a><br />写真はVK7AC Norm宅<br /><br /><span style="color:#000000">リニューアルアンテナ評価中<br /><br /> 評価中ではあるが、どうやら、ガラリと以前のタイプ、(反射器-輻射器間隔、狭い)に比し、今回の反射器-輻射器広いタイプでは改善され、まともになった感じで、後から思うと当たり前かと思うが、やっぱり、実際にやってみないとわからない。<br /> 今朝、日曜の朝だが、21でLU8HH JuanがEAとやっているのが聞こえた。アンテナがEU方向を向いているらしく強くない。 しかし終わるのを待って呼んでみたら応答あり、アンテナを向けてもらうと9近く迄Sが振ってきて、しばらくぶりに30分位のラグチューができて楽しかった。その後もチリのXQ3UT Jose XQ2RAM Alexと同様におしゃべりができて、現在のコンディションを考慮するとかなり飛びが改善されている感じでうれしい。<br /> <br /> 昨日は<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%BF%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%82%A2" class="tagword">タスマニア</a>島のVK7AC Norm(写真は彼の家)と17mで交信、QRZのこの写真は彼の家だが、この写真は綺麗でよそ行きのものかなとおもい、ほかの写真も見てみたら、どうも周りは全て絵のような場所で、彼のアンテナはヴァーチカルだとのことだが、これで見るとまさしく、景観を考慮しているに違いない。<br /> <br />どうやら、自分の次の旅行の目標はこのあたりだなと考えている。やっぱ、<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%BF%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%82%A2" class="tagword">タスマニア</a>は行ってみる価値ありそうだ。<br /> <br />そして次にエクアドルのHC5EGとは15mで交信、 彼のシャックはJA<br />の一昔前の印象だが、(実使用のリグはIC730)おしゃべりにはなんら差し支えなく、最新の機械の必要性もあまり感じない。 それより南米もこのあたりになると、局数も少なく(HC、HK,YV、OA)ゆっくりラグチュー出来るレベルまでなかなか開かないので、良好なオープニングは嬉しいし、交信相手も喜んでいるのがわかり格別である。願わくばもっと頻繁にコンデションが開いて欲しいものである。</span><br /><br />下はVK7AC宅の庭
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。