FC2ブログ
プロフィール

grid-header1

Author:Sanyo
¡ Bienvenido a mi pagina !

Un chico enamorado de la comunicacion o la Radio, Transcurridos 50 años de mi primera licencia no ha cambiado mi modo de pensar.

Empecé Radio afición en 1958 y luego estaba divirtiendo lo.
Miren la página de QRZ.com y JA1COR
Esperen poco ya que todavía no he preparado la pagina escrita en castellano.

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1378' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
237

不埒な電信マンがデビュー!

IC-756pro2に差し込む Key-plug内に組み込んだインターフェースここのところ、コンディションが良くなく南米方面とのラグチューはおあずけ状態で誠にもって残念である。 かといってボケッとしていてはますます、脳刺激が不足する筈であり、何か変わったことにチャレンジせよ、と内なる声がするので、何十年もやってないCWでもやっか、と思ったのだが、電鍵は行方不明だし、どうしたもんか、で、考えたのが手抜きCW、でCW用のソフ... <a href="http://blog-imgs-60.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/r+tr1.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-60.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/r+tr1s.jpg" alt="interfaceforCW" border="0" width="400" height="300" /></a><br />IC-756pro2に差し込む Key-plug内に組み込んだインターフェース<br /><br /><span style="color:#000000">ここのところ、コンディションが良くなく南米方面とのラグチューはおあずけ状態で誠にもって残念である。 かといってボケッとしていてはますます、脳刺激が不足する筈であり、何か変わったことにチャレンジせよ、と内なる声がするので、何十年もやってないCWでもやっか、と思ったのだが、電鍵は行方不明だし、どうしたもんか、で、考えたのが手抜きCW、でCW用のソフトと簡単なインターフェースでしらばくれて電波を出すことにした。<br /><br />インターフェースは以前に作ったBPSK用のものが使えるだろうとたかをくくっていたが、あちらはAFSKなのでそのままでは動かない。で、どうやらKey入力端子に接点入力(または半導体スイッチ)が必要なようだ。ソフトは<strong><span style="font-size:large;">DigitalSoundCW</span></strong> というもので、参考にしたのは<br />(30.pro.tok2.com/~jh3eca/DigitalSndCW.html)DigitalSoundCW  で検索のこと。<br />この記事のような簡単な半導体スイッチを作ればよさそう。<br /> 写真のようにKeyプラグにトランジスタを内装してインターフェースとし、CWモードで動かすことに成功、国内局数局とQSO出来た。<br /> まだなれないが送信に関しては慌てて符号が乱れることもないし、それほど、違和感なく使えそうだ。<br /> <br /> 受信だが、このデコーダソフトは結構よくできているのだが、なにせ、相手が生身の人間様が直に御手打ちになる場合もあるわけで癖がひどいときは大変そうであり、しばらくは機械打ちのOMにお相手願うことにした。 何より、QRMやQRNそして、極めて弱い場合など、人間の耳には到底及ばない。 <br /><br />ということで、このシステムを練習台にしてしまおう、デコード出力はできるだけ見ないようにし、耳でとることにしたい。 と思っている、がデコード出力はメモ代わりになり便利なのでこちらも捨てられない。<br /> <br /> と、ここまで来てはたと考えた。<br /> 自分は何をしようとしているのかと考えたが、半世紀以上のハムライフののち遂にPCに降伏し、自分の能力向上をあきらめるのか、と、 しかしながらコンピュータはそもそも幼稚な演算能力しか持たず、ただ、その処理速度のみがくそ早いという只のバカ箱なわけで、<br /> この器械はそもそも人間の能力を補うために生まれてきたしもべなわけなのだから、人間にとって不向きな(特に自分には) 機械的な作業であるモールスの送受信を手伝わせてなにが悪いんだ、それこそ最適な応用ではないかと開き直って、自分に都合のいい解釈をすることにしたのである。<br /><br /> ところで、実際にKeyのプラグに入れたトランジスタはジャンク箱にあった抵抗入りTR東芝RN1202 (R1,R2、10kΩ)をそのまま入れてしまった。 外付け部品が少なくなるのでこういう使い方には便利である。出力はコレクターがそのまま、(オープンコレクタ)出ているのでリレーなどのドライブ、 複数を並列にしてワイアードORとしても使えるし、そのままでも論理素子(インバータ)として使えるのでスペースがない場合など便利である。<br /></span>
236

ニホンカモシカ

ニホンカモシカーWikipedia14日、日曜日の朝11時過ぎの電車に乗ろうとして最寄り駅に行った。 その駅は無人駅で日曜日のせいかホームのベンチにはハイキング客とおぼしき5,6人のグループがいて、電車を待っていたが、大騒ぎしている。 丁度彼らの正面、ホームからは線路を挟んで車一台とおれる道路、そしてその道路の向こう側が少し高くなっていてそのうえは平地で畑である。 そこの畑の端、石垣の上から、なんとこの動物が身を... <a href="http://blog-imgs-60.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/nihonkamoshi.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-60.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/nihonkamoshi.jpg" alt="" border="0" width="183" height="275" /></a><span style="font-size:x-small;">ニホンカモシカーWikipedia</span><br /><span style="color:#000000">14日、日曜日の朝11時過ぎの電車に乗ろうとして最寄り駅に行った。<br /><br /> その駅は無人駅で日曜日のせいかホームのベンチにはハイキング客とおぼしき5,6人のグループがいて、電車を待っていたが、大騒ぎしている。 丁度彼らの正面、ホームからは線路を挟んで車一台とおれる道路、そしてその道路の向こう側が少し高くなっていてそのうえは平地で畑である。 そこの畑の端、石垣の上から、なんとこの動物が身を乗り出して、ホームを見ているではないか。その間、距離10数メートル、ものの数秒、そして一瞬、身を翻して、もときた畑の方向に走り去ってしまったが、 <br /><br />  眼前にこの写真の動物とご対面してしまったその人達は何だ、あの動物はと騒いでいたが、この近所ではよく出没していて何度か出会っていて覚えていたのでニホンカモシカではないかと説明しておいたが、 あまり出くわした人もいないと見えて、びっくりだったのではないか。<br /><br />  自分の住むこの場所は奥多摩の山並みのエリアと人間のいる人里との境界になるので、山の動物がしょっちゅう出てきて畑などはあらされる。 近年は山中での餌不足もあるようだし、人間社会の食べ物にあこがれているのではと思う。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-60.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/P1030152.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-60.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/P1030152s.jpg" alt="カモシカ2" border="0" width="240" height="180" /></a><span style="font-size:x-small;">場所は山城屋の看板の左側、こちらを見下ろしていた。</span><br /><br /> <br /> 自分が過去に出くわしたのはこのニホンカモシカとか猿などだが、彼らは、一様に顔を合わせ、目があうとぎょっとして一瞬固まるが、その後、一瞬の間をおいて逃げ去る、もし、退路を阻まれていれば、破れかぶれでむかってくるであろう。<br />この一瞬の反応は、人間と全く違わないのではないか、多分、あちらからも同じように見えている筈だし、恐怖はもっと大きいのだろう。<br />人間ぐらい恐ろしい存在はいないだろうから。(人間だからよくわかるよ)</span><br /><br /><br /> <br /><span style="color:#000000"></span>
  • Date : 2013-07-18 (Thu)
  • Category : 未分類
235

コーヒー は今や体に良い飲み物らしい。

コスタリカの首都、サンホセのホテル、前庭のカフェの生垣はよく見るとコーヒーの樹だった。コーヒーは好きだが、それ程、こだわってはいない。20年ぐらい前まではタバコと同じくらい体に悪いようなことが言われていたように記憶している。 日に3度飲むのはカプチーノとかカフェコンレッチェ、カフェオレ とか(注) 呼ばれる 深入りコーヒーに泡立てたミルクを入れたものだけど、家で飲むのは豆も安物であり、只、インスタン... <a href="http://blog-imgs-60.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/P1020499.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-60.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/P1020499s.jpg" alt="sanjose" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><span style="font-size:x-small;">コスタリカの首都、サンホセのホテル、前庭のカフェの生垣はよく見るとコーヒーの樹だった。</span><br /><br /><span style="color:#000000">コーヒーは好きだが、それ程、こだわってはいない。<br />20年ぐらい前まではタバコと同じくらい体に悪いようなことが言われていたように記憶している。<br /> 日に3度飲むのは<br />カプチーノとかカフェコンレッチェ、カフェオレ とか(注)<br /> 呼ばれる 深入りコーヒーに泡立てたミルクを入れたものだけど、家で飲むのは豆も安物であり、只、インスタントコーヒーとは違うというだけのものだ。 これをイタリアで仕入れてきたちっちゃな道具で入れて飲むが、もう30年ぐらい、スタイルが変わらない。<br /> 豆は最近、インターネットの通販で購入することが多いが、焙煎など、うるさいことは言わない、 深入り、エスプレッソ用 だけである。<br /><br /> 数年前に中米コスタリカに旅行した時、現地の日帰りツアーでコーヒーツアーというのに参加したが、最初の想像と違い面白かった。 それはコーヒー農場と、コーヒー工場(収穫後、外側を剥いて乾燥させ輸出まで)を見学するものだったが、ガイドが旅行者の質問に答えるなどして興味深かった。 いろいろ、わかったことは<br /><br />1 コーヒーは手で収穫する。<br />  何回も日をおいて、赤く色づいたものだけを収穫するので、機械化は無理、結局、そのコストが大変なので外国から安い労働力を導入することになっているようだ。<br /><br />2 工場では粒を揃ったものにする努力をしている。<br />ここでも人間の目と手が活躍している。<br /><br /> アフリカ、中米、南米、東南アジアなど世界中で生産されるが、特に高地で量が少ない(例えばジャマイカのブルーマウンテン)のものが高価になっているようだ、<br />香りや、苦味、酸味などそれなりの理由があるのだろうが、日本以外ではそんなに拘ってはいないようで、豆の出どころなぞ、気にしていない。メキシコのお店ではいきなり白湯とネスカフェの大瓶が出てきたぐらいだ。<br /> <br /> 自分の場合も、深入りを飲むことからか、あまり繊細ではないが、しかしたまにうまいと思うものにであうと、やっぱそれを飲みたいとは思う。がしかし新宿あたりで一杯600円ぐらいとられるとやっぱ、もう飲まないぞと思う。<br /> (名古屋でコーヒー一杯に付属してごそっと食べ物がついてくるのを経験しているせいかな。<br />そうそう、名古屋の地下街でモーニングコーヒーのビュッフェスタイル、食べ放題というのがあった、 しかし、敵もさるもの、取り皿が小さい、その皿に無理やり複数、食べ物を乗っけてゆでたまごが落ちないように運ぶときには我ながら赤面するのを自覚した。)<br />ことほどコーヒーに関しては自分の信念がぶれているのがわかる。<br /><br />注 これ、それぞれイタリア語、スペイン語フランス語で同じような意味だと思うけど、日本のコーヒ-ショップ ではそれぞれ別のものとして 出しているようだがホントに違いがわかってんのかなと思う時がある。<br /></span>
  • Date : 2013-07-16 (Tue)
  • Category : 未分類
234

ループアンテナを短縮するには

ループアンテナの短縮ループアンテナやクワッドを試された方は一様にその性能が優れているのに驚くが、その優れた性能を出来るだけ小さいサイズで実現できないかと考えるのは普通だろう。 一般にはDPなどの短縮は目にすることが多いのでイメージが湧くし、資料も多いが、クワッドなどはなぜ少ないのかと疑問をお持ちの方は多いはずだ。 実際、自分の経験でもコイルやコンデンサーなどを使用して闇雲にやってもうまくいかないし、... <a href="http://blog-imgs-60.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/201307051041481cd.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-60.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/201307051041481cds.png" alt="ループ" border="0" width="499" height="399" /></a><br />ループアンテナの短縮<br /><br /><span style="color:#000000">ループアンテナやクワッドを試された方は一様にその性能が優れているのに驚くが、その優れた性能を出来るだけ小さいサイズで実現できないかと考えるのは普通だろう。<br /> 一般にはDPなどの短縮は目にすることが多いのでイメージが湧くし、資料も多いが、クワッドなどはなぜ少ないのかと疑問をお持ちの方は多いはずだ。<br /> 実際、自分の経験でもコイルやコンデンサーなどを使用して闇雲にやってもうまくいかないし、マニュアルやオートのチューナを使用したりしてもぱっとしない、こういう経験をされたOMも多いと思う。<br /> 小生は偉そうなことを言えるレベルではないが、経験的感覚的にイメージを最近になってようやく作れるようになって来たので、間違いを覚悟で披露させていただきたい。<br />普通、ループアンテナを設置して(短縮化タイプ)電波を出すために以下が必要だ。<br /><br /> 1 最低の条件として使用するバンドに共振させて、リアクタンス成分を減らし、インピーダンスを整合させる。(普通にはSWRを下げていく作業がこれだ。)<br />   <br /> 2 この作業でうまくSWRが下がったとしても損失が多くて電力の大半が熱になってしまう場合がある。 それは<br />   給電点のインピーダンスが容量性(一般には波長に比し短い場合である)、チューナではそれを補い共振させるためにLを入れる必要があり、そこでの損失が大きくなる。<br /><br /> 従ってこの損失を最低限に出来れば良いわけだが、その方法はいくつかある。<br />1 できるだけ挿入するLが小さくなるようにする=>あまり短縮しない。<br />2 Lを使わず図のA、Bのようにワイアーを追加する。 一般にリニアローディングなどといっている。<br />3 図のCのようにハシゴフィーダを必要な長さ追加して給電する。<br /> (W5DXPはこのハシゴフィーダを1フィートステップで加減する方法でチューナレスのマッチングを実現している、切り替えが大変だが面白い。)<br /><br />こういった方法でも共振させることはできるがインピーダンスの値(R値)を合わせるとなるとトランスなどが必要になるので手っ取り早いのはやはりチューナなのだ。<br /><br />このようにしてもサイズはせいぜい、一周長0.7ラムダぐらいだと思うが、それでも14メガサイズで10メガに出ることが出来るので捨てがたいし、電力損失は大きく減らせるのでやる価値ありである。<br /><br /> で、これを全部実験しながらでは大変だし、一体全体どうやって進めるんだとのご疑問は当然である。<br /> そこで当局のお気に入りの方法を披露すると、サンプルを考えシミュレータで給電点のインピーダンスも計算させ、これなら大丈夫だろうという状態を見つけだし、それを制作し、ATUにつないでいる。 <br /> <br /> 最近14メガのループを利用して10メガに出るようにしたものを例に挙げると、シミュレータを動かすと行けそうな輻射パターンではあったが、給電上インピーダンスが無理そうであった。それで、 マッチングの問題を図Cの方法であとから給電ケーブルを取り替え、長くして、両方のバンドで、損失が少なくなるのを確認して解決した。 追加した10メガもそこそこ人並み(ビームには叶わないが)になったのをJT-65で確認できて喜んでいる。<br /><br /> 尚、この方法はYagiなどDPでも応用可能であり、従来のトライバンドでワークに出たい場合、フィーダを交換してオンエアが可能である。 只、従来使用のバンドとの併用には工夫がいる。 <br /> (当局のATU至近距離設置はその一方法と思う。)<br /><br />  ハシゴフィーダからATUなどにつなぐ所では平衡―不平衡変換が必要な感じはするが、以前調べた時はループアンテナは自己平衡作用を持つのでなくてもいいらしい。 たしかにキルヒホッフの法則からすれば電流はグル―ット一回りしても値は変わらないと思うのでそうかなと思うが、なんとなく気持ち悪いのでソータバラン、(コモンモードチョークに同じ)を使っているがどれほど意味があるかわからない。<br /> マッチング部分にガンママッチなどを使う手があるが、うまく行ったとしても複数のバンドで使う場合、切り替えが必要になるので大変だ。<br /><br />以前にも紹介したが電力損失は伝送線路シミュレータ(TLW)というソフトがARRLアンテナブックに付いているのでそれが実に便利、チューナ内部や途中のケーブルでどの程度損失があるか知ることができる。スミスチャートなどを使い慣れたOMには必要ないと思うが、<br /></span>
233

18メガで孤軍奮闘。

LU1FQ Raul.Ayer en la banda de 17m, nos comunicábamos un viejo amigo de LU, pero lamentablemente todo repente la banda cerrada y perdí su señal.< Después de esto le envié e-mail.>Perdón Raul, perdí la señal tuya, pero muy contento de comunicarnos en la banda de 17m.Tu antena 80mDP se funciono muy bien. Seguiremos comunicarnos.Saludos cordiales y hasta prontos.Sanyo JA1COR<Recibí este mail.> ¡... <a href="http://blog-imgs-60.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/lu1fq.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-60.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/lu1fqs.jpg" alt="LU1FQ" border="0" width="499" height="332" /></a><br />LU1FQ Raul.<br /><span style="font-size:x-small;">Ayer en la banda de 17m, nos comunicábamos un viejo amigo de LU, pero lamentablemente todo repente la banda cerrada y perdí su señal.<br />< Después de esto le envié e-mail.><br />Perdón Raul, perdí la señal tuya, pero muy contento de comunicarnos en la banda de 17m.<br />Tu antena 80mDP se funciono muy bien. Seguiremos comunicarnos.<br />Saludos cordiales y hasta prontos.Sanyo JA1COR<br /><Recibí este mail.> <br />¡¡HOLA SANYO !!..QUE SORPRESA, SI SE CERRO LA PROPAGACION ,TE FELICITO POR TU ANTENA ,ESE ES EL MERITO NO MI DIPOLO ,JE-JE-JE- PUDIMOS COMUNICAR PORQUE TU ANTENA RINDE MUCHO...YO VOY A CONSTRUIR TAMBIEN UNA CUBICA PARA SUPERAR A LOS DIPOLOS ,TENGO UN BUEN EQUIPO "YAESU FT 1000 MP"....PERO SI NO COLOCAS BUENAS ANTENAS DE NADA VALE TENER BUEN TRANSMISOR...UN ABRASO PARA TI, SALUDOS A LOS TUYOS, Y ESPERO COMUNICAR PRONTO ,73 Y DX....<br /></span><br /><span style="color:#000000">昨夜も18メガはOAとLUのビーコンが入っていて、LUの方は弱かったが、このぐらいなら絶対、開いているはずだとCQ-SAを連呼、 そしたらLU1FQ Raul が呼んできてこちらには55, あちらは58-9で問題なくラグチュー可能なレベル、で聞いてみたらFT1000MPに80m用のDPだと、そして調子に乗って長話後、スタンバイするもノイズのみ、<br /> うーん、やっぱ、持たないかなー しかしRaulは俄然、やる気になったようでクワッドを建てるぞーと、こちらのごめんなさいのメールに返事をくれた。<br />めげないで頑張るぞ!<br /></span>
232

慶長使節から400年、子孫は彼の地EA7で・・・

先月、我が皇太子Naruhito さんは(ここで日本のマスコミはさまと言わ無くてはならないらしいが、自分には違和感があるのでさん、としておきたい--ついでにQSO中にもさまで呼ばれるとムズムズするのでこれもやめていただきたい。) スペイン王室から招待され出かけられた。 理由はひとつは慶長遣欧使節の支倉常長一行が彼の地を訪れて400年になり、その記念行事に出席されるため、そして先の大震災の時のスペインからの援... <a href="http://blog-imgs-60.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/Emb_Keicho.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-60.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/Emb_Keicho.jpg" alt="keityou" border="0" width="639" height="616" /></a><br /><span style="color:#000000">先月、我が皇太子Naruhito さんは(ここで日本のマスコミはさまと言わ無くてはならないらしいが、自分には違和感があるのでさん、としておきたい--ついでにQSO中にも<strong>さま</strong>で呼ばれるとムズムズするのでこれもやめていただきたい。) スペイン王室から招待され出かけられた。<br /><br /> 理由はひとつは慶長遣欧使節の支倉常長一行が彼の地を訪れて400年になり、その記念行事に出席されるため、そして先の大震災の時のスペインからの援助に感謝の意を表すことらしかったが、 自分が興味を持ったのは当時の使節団一行の幾人かがスペイン南部セビリアの小さな村Coria del Rio に居残り、そこに子孫を残し、今では700人以上のJaponという苗字をもつ人たちが生活していてそこをナルヒトさん一行が訪れた。<br /> (様子はユーチューブで見れるーその中に幼稚園で幼児たちが日の丸を持ってNaruhito! Naruhito! と叫んでいたのが印象的)<br /> <br /> 当時の一行は伊達政宗が計画し、引退してはいたが徳川家康のお墨付きを得ての堂々たる外交使節であり、目的は出発当時、大震災が東北であり、その状況から脱却すべく欧州との貿易協定を結ぼうということと、もうひとつはローマ法王に面会することだったようだが、なにせ、往復で7年もかかってしまう大旅行であったがために、帰国した時には日本国は鎖国状態になってしまっていて、キリスト教は禁止されてしまい、 常長は収監され翌年死亡したし、同行したスペイン人司教は死刑になったという。<br /> <br /> 当時はスエズ運河もパナマ運河もない時代で、太平洋を渡り、当時のスペインの植民地のNueva Espanya(新スペイン今のメキシコ)を陸路で越え、大西洋を渡り、今のキューバなどを経由しスペインへ、その後もローマへいって法王にお目通りするなど、大変な旅行であった。<br /> <br />で、旅行の間にも日本国の情報は一行にも伝わったようで、未来を案じたもの(計6人)は帰国を諦めこの<br />Coria del Rio 村に残った。<br /> <br />彼らの目にもそこは天国のように見えたろうし<br />(実際この辺りにはムーア人との混血も多く絶世の美人がたくさんいるし、この近くに2度ほど出かけたことがあるが住んでみたい気がする場所だ)真面目に帰国した常長氏はさぞかし気が重かったろうと思う。<br /><br /> ユーチューブには皇太子一行がこの村やその他あちこちで歓迎される様子があったり、Japon姓の人たちが紹介されているが、日本では、この村のJapon姓の人たちのことが知られるようになったのはつい25年ほど前、セビリア万博がきっかけで仙台とあちらの関係が調べられるようになり互いの土地の古文書などから段々明らかになって来たらしい。<br /> <br /> 以前から、この地で誕生する新生児に蒙古斑があるなどから、彼らは自分たちの先祖のことも語り伝えられてきたと思うが、あるいはあまり、口外しないようにしてきたのかも。 <br /> 最近ではサッカーの審判にJose Japon Sevilla という人がいて、Japon姓でも一躍有名になった。(注)<br /> ナルヒトさんは王室主催の晩餐会で、そこで大震災での援助に感謝の意を表すスピーチをスペイン語でされて拍手があったと新聞にかかれていたので、どのようなものだったか実は知りたくてユーチューブを探したが、痕跡だけで、内容を知ることが出来なかった。<br /> 外交官出身のPrincesa からキチンと教育を受けて立派なスピーチだったのではないだろうかと想像するが、それでもあるいはちょっと問題ありとかで削除されたのかも知れない、ちょっと残念である。<br /><a href="http://blog-imgs-60.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/220px-Hasekura_in_Rome.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-60.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/220px-Hasekura_in_Rome.jpg" alt="hasekura" border="0" width="220" height="344" /></a><br /> <span style="font-size:x-small;">この絵は現地で描かれたものだと思うが当時の日本ではこういう写実的なものはなかったと思うので珍しかったのではないか<br /> ーーーしかし、それにしてもかっこいいなー、モダンで西洋の騎士にも引けをとらないと思うなーーー</span>。<br /><br />ところで常長の彫像だが日本から送られたごく最近のもののようだ。 そういえば4年ほど前キューバのハバナにいったとき、一行の立ち寄りを記念するための常長像が(少し小ぶりだったが)あったが、それも新しいものでよく見たら仙台のある学校法人が送ったものだと書いてあった。当地の人々が設けたものではなくてちょっぴり残念な気がした。<br /><br />注 ユーチューブのなかで彼が語っているのは日本にはまだ行ったことがないがいつか行ってみたいとのこと。<br /> ちょっと不思議な感じがしたのは彼の立場(スペインの上位リーグの審判という成功者)にもかかわらず、日本には簡単に行けないのかなと?<br /><br />ユーチューブの検索にはEmbajada de Keichoや Coria del Rioなどがキーワードになる。<br /></span>
  • Date : 2013-07-01 (Mon)
  • Category : 未分類
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。