FC2ブログ
プロフィール

grid-header1

Author:Sanyo
¡ Bienvenido a mi pagina !

Un chico enamorado de la comunicacion o la Radio, Transcurridos 50 años de mi primera licencia no ha cambiado mi modo de pensar.

Empecé Radio afición en 1958 y luego estaba divirtiendo lo.
Miren la página de QRZ.com y JA1COR
Esperen poco ya que todavía no he preparado la pagina escrita en castellano.

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1378' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
258

ロングパスのシーズン、到来か?

Iz4jlz his antenna今朝はEchoLinkでCXのラウンドQSOに紛れ込まさせてもらった。 今回ワールドカップ参加の最終チームになったことを祝福させていただいたのだが、それで日本チームは?と、聞かれてしまった。最初に決めたよといっておいたけど、ことほど彼らには眼中にないのがJAのチームのようだ。 あちらにも「残りものには福がある」ということわざがあるとのことで、最後に決めるのも悪いことじゃないよとのこと。 そして... <a href="http://blog-imgs-60.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/iz4jlz.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-60.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/iz4jlzs.jpg" alt="iz4jlz" border="0" width="333" height="250" /></a><br />Iz4jlz his antenna<br /><br /><span style="color:#000000">今朝はEchoLinkでCXのラウンドQSOに紛れ込まさせてもらった。 今回ワールドカップ参加の最終チームになったことを祝福させていただいたのだが、それで日本チームは?と、聞かれてしまった。<br />最初に決めたよといっておいたけど、ことほど彼らには眼中にないのがJAのチームのようだ。 あちらにも「残りものには福がある」ということわざがあるとのことで、最後に決めるのも悪いことじゃないよとのこと。<br /><br /> そして、ほかの話題はというと蚊の話をしていたようで、向こうは夏だからしょうがないが、あちらにはデング熱があるせいで関心が高いんだろう。<br /> 日本には蚊帳というのがあるし、渦巻きの蚊取り線香は効果的だよ、と説明しといたが<br />蚊帳は何かの絵でみたことがあるとか、 あちらにも、蚊よけのあみ状のものがあるらしいが、言葉ではイメージがわかない。、<br /> <br />しかし、ことラグチューに関してはEchoLinkのようなVOIPは、確かに絶大な威力でスマホなどで軽々と実現させられてしまうと、もう一方のHFでやっとこさの交信では、言葉の問題まで考えるとぢたんだ踏んでも太刀打ちできない。 当局の 大抵のHFのQSOでは中身がお粗末で恥さらしな気がしている。<br /><br /> 夕方、18m帯のロングパスでEUが強く入っていたのでイタリアなどとやった。<br />当局のロケーションはショートパスのEUが弱くてだめなのでチャンスなんである。<br />IZ4JLZ Cristiano. で59-59で強かったが、自分にとってはイタリアの局とはついスペイン語がでてしまい、幼稚なイタリア語と、さらに英語とごちゃごちゃになってしまって恥さらしもいいとこなのだが、それでもイタリア語うまいな、なんておべんちゃらを言ってくれる。 彼のクワッドは美しい、モノバンドだそうだが、当局の汚さとは好対照である。でも飛びはエレメントが多い分、負けてないと思っている。<br /> <br /> 彼のQRZ.comは英語のみで書かれていた。<br /> ところでイタリアの局とスペイン語圏(世界25カ国あるという)のQSOでは何語が使われるのだろうか。 自分は英語が話されているのを聞いたことがない。 言葉が近いのとラテンのニュアンスを表現するには伊西どちらかになるのではと思うが、LU,CXなどはイタリア移民が多いのでイタリア語になるようだ、他はどちらかというと使用されている国が多い西語になるのでは。 ということで自分の場合も英語だと義務的で面白くもないのだが、能力の無さからBuonGiorno, Arivedelchi以外はレベルの低い英語を使わざるを得ず、イタ公と盛り上がりたくてもできなくて残念至極である。 <br /><br />このブログも中身がないが、クワッドのスタイルブックを兼ねているとして軽薄さをお許しいただきたい。<br /></span>
257

黒点数が282にもなったよ。

CX ウルグアイ東方共和国 コール先頭の文字による地域わけ今日は黒点数282と簡単に情報が得られるようになってからは、最大の値になっていた。 んで、こうなると各バンドはどんなにか様変わりしているだろうと思って受信するも、さっぱり代わり映えしないように見える。 28ではほんの一部の周波数ではクラスターからの情報にムラがるQRMの塊があったが、他はガランとしている。  450Khz付近にオーラオーラと南米局っぽい信号... <a href="http://blog-imgs-60.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/prefijos.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-60.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/prefijos.jpg" alt="prefijoscx" border="0" width="212" height="236" /></a><br />CX ウルグアイ東方共和国 コール先頭の文字による地域わけ<br /><br /><span style="color:#000000">今日は黒点数282と簡単に情報が得られるようになってからは、最大の値になっていた。<br /> <br />んで、こうなると各バンドはどんなにか様変わりしているだろうと思って受信するも、さっぱり代わり映えしないように見える。 28ではほんの一部の周波数ではクラスターからの情報にムラがるQRMの塊があったが、他はガランとしている。<br /><br />  450Khz付近にオーラオーラと南米局っぽい信号が出ていて2局で変調などのレポートを交換し合っていた。 そこで例によってびっくりさせてやろうと、お二方日本でもよく聞こえてるよとブレークをしたら、Sanyoか?コールは忘れたけど、俺だOmarだとのこと。コールサインよりも名前を覚えられてしまっているわい。悪いことはできないなと思ったが、相手のコールも思い出せない。 これが困る。 <br />そうだ、ハムログには名前から検索できるんだっけと、話を始めながら悟られないように検索するとCX6DZ とでたので、最初から知っていたようにラウンドQSOを開始。 これは便利だ。相手かたはCX3DAM Alexで、2人とも100Wだそうだが59から+で入っていて、互いにローカル並の信号強度、間違いなくサンスポット最盛状態のようだ。<br /><br />  しかし、こんなにコンディションが良くなっていても、今ではラグチューなどしないのであろうか、記憶にある過去のサンスポット最盛期ではバンド中、外国局で埋まっていたような気がするが、 ま、確かにペディション局を捕まえるチャンスかもしれない、そしてクラスタのせいで局数も多くて容易ではないような、(でも一杯呼ばれるからペディショナーは楽しいのかな。)<br /> Skypeやエコーリンクでは、59同士の交信があたり前であり、今やバンドがハイになってこの状態でQSOしないのは勿体無いと思うのは自分だけかなと思う。<br /><br /> 本日の話題は何、黒点数が282になったよというそれだけの話で、CXのお兄さん達にもあるいは6mバンドあたりもそちらと開くかもよという話をしたが、振り返って自分のことを考えると当局からはできねーだろなとおもい、やっぱ、相変わらず、こういう時はバンドを隅から隅までワッチし、国外の誰か、珍らしい、外国と交信したことがないような弱い相手を見つけて<span style="font-size:large;"><strong>わっ</strong></span>といって驚かしてやろうと手ぐすね引いて毎日を過ごしているだけなのであります。 <br /><br />付録 <br /> ところで折角なのでCX ウルグアイ東方共和国を少し説明しておきたい。<br /> 人口は336万人で横浜の370万より少ないが、サッカーはめっちゃ強く、強豪ぞろいの南米で5位の位置で、現在大陸間プレーオフ中、ワールドカップに出てくる可能性は残っている。<br />  LUのブエノスアイレスからブーケバス(ラプラタ河横断フェリー)で行き来できて、あたかもLUの一州のように近いし言葉も何ら変わらない、LUを旅行したとき一度、パスポートを持って出かけたことがある。アルゼンチンタンゴの名曲ラ・クンパルシータの作曲者は<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B0%E3%82%A1%E3%82%A4" class="tagword">ウルグァイ</a>人である。自分にはアルゼンチンと何が違うのか理解でき<br />ない。<br /><br />付録への追加<br /> ウルグアイがワールドカップ出場の最後の切符を手に入れたようだ。既にワールドカップ優勝を2回している名門だが強豪ぞろいの南米からでてくるのは大変だ。 場所はお隣のブラジルということで南米中盛り上がるな。<br /> おめでとう、Enhorabuena!<br /><br /></span>
256

無患子(ムクロジ)の実だって?

 今日近くの山道を散歩していたら、珍らしい実をつけた木があり、家で調べようと小枝を持ち帰った。  で、牧野植物図鑑をみても、なかなか判らなかったがその実の特徴から遂に判明したのが、無患子(むくろじ)の木とその実ということで、写真のものである。  実の部分、皮を剥ぐと真っ黒な種があらわれる。この種は追い羽根とか羽つきと言われる遊びの時の羽根の先に付けられて、羽子板で打ち合って遊んだのだという。 そし... <a href="http://blog-imgs-60.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/mukorozi2.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-60.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/mukorozi2.png" alt="mukorozi2" border="0" width="321" height="241" /></a><br /><span style="color:#000000"><br /> 今日近くの山道を散歩していたら、珍らしい実をつけた木があり、家で調べようと小枝を持ち帰った。<br /> <br /> で、牧野植物図鑑をみても、なかなか判らなかったがその実の特徴から遂に判明したのが、無患子(<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%80%E3%81%8F%E3%82%8D%E3%81%98" class="tagword">むくろじ</a>)の木とその実ということで、写真のものである。<br /> <br /> 実の部分、皮を剥ぐと真っ黒な種があらわれる。この種は追い羽根とか羽つきと言われる遊びの時の羽根の先に付けられて、羽子板で打ち合って遊んだのだという。<br /> そして外皮と種のあいだの果肉の部分が石鹸として使われていたらしい。水を加えて揉むと泡立って洗剤らしくなる。<br /> 種の部分はまた、繋げて数珠を作るのにも使われたようで、結構役立ったのであろう、神社の境内などに必ずあったとか、しかし、自分で目にするのは初めてでその面白い形といい、興味深い。<br /><br />  江戸時代や、それ以前など、子供たちはこういう自然のものから遊び道具を作ったのだろうし、主婦も毎日の洗濯時に、活用したのだろうか。<br /> OM方、晩秋の神社や公園など、それらしいところをお散歩なされた時など、落ちている実など探してみるのも一興ではないでしょうか。<br /></span>
  • Date : 2013-11-14 (Thu)
  • Category : 散歩
255

WW 2013 Phone で気になったこと。(続き)

 Corolla 1966 Wikipediaより先のコンテストの感想の続きになってしまうが、私め、語学に関して語る資格はもとより全然ありませんが、ちょっと言いたかったのはこういうことです。 ハムの皆さんはご経験済みで異論はないと思いますが、我々が習った英語はこと口語ではおよそ簡単に通じないことであります。 アルファベットは そもそもは表音文字であった筈だが例えばAEIOUの母音をとっても状況により音が変化し、結局、経験... <a href="http://blog-imgs-60.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/1966_Corolla_01.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-60.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/1966_Corolla_01.jpg" alt="コローラ" border="0" width="260" height="146" /></a> Corolla 1966 Wikipediaより<br /><br /><span style="color:#000000">先のコンテストの感想の続きになってしまうが、私め、語学に関して語る資格はもとより全然ありませんが、ちょっと言いたかったのはこういうことです。<br /> ハムの皆さんはご経験済みで異論はないと思いますが、我々が習った英語はこと口語ではおよそ簡単に通じないことであります。 アルファベットは そもそもは表音文字であった筈だが例えばAEIOUの母音をとっても状況により音が変化し、結局、経験的に覚えるしかない。<br /> <br /> 昔、家に来たアメリカ人が不思議そうに日本人は車のCorolla を何故カローラと発音するんだ?と、<br />そして、LUの友人はEchoLinkでお前はいつもブシーだなと、まあ、日本人だから武士かも知れないが、英語のBusy のことだった。彼らの発音は断固、ローマ字読みで、そう思うと、文字の想像がつくのでかえって具合が良い。<br /> <br /> 少し前に当ブログに書いたがWの空港(ヒューストン)のお姉さんが39をチルティーナインのように発音されて、自分はそれが何のことかわからず、彼女がたまらず大きな紙に39と書いてくれたことがあったが、これも表音文字として考えれば見当がつくし問題もない。<br /> つまり、日本人は英語独特(米語か)の発音を個別の単語ごとに単独に、教え込まれるので、普遍性がなくいろいろな国の人の発音、発声に対応できないのである。<br /> ハムの場合、内容はともかく、音声のみは世界中からの音声を聞けるので、その差が気になる場合があるということだろう。<br /> <br /> これは自分の意見だが、日本人も自信がない英語では文字通り発音すべく努力したほうが便利で良いような気がする。 彼らの真似をするよりは、芯を通してCorolla Often はカローラ、オッフン でなくてコローラ、オフッンで行っったほうがスッキリするような気がするし、国際的に通用する範囲も広く、相手も最低、何を言いたいか想像できるのではないか。<br /></span>
  • Date : 2013-11-02 (Sat)
  • Category : 外国語
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。