プロフィール

grid-header1

Author:Sanyo
¡ Bienvenido a mi pagina !

Un chico enamorado de la comunicacion o la Radio, Transcurridos 50 años de mi primera licencia no ha cambiado mi modo de pensar.

Empecé Radio afición en 1958 y luego estaba divirtiendo lo.
Miren la página de QRZ.com y JA1COR
Esperen poco ya que todavía no he preparado la pagina escrita en castellano.

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1378' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
299

今日のSSN(太陽黒点数)200は本物でした。

今日のSN=200は本物だった。lu6dppの28メガ1/4垂直アンテナSN(太陽黒点数)が200になるというのは稀有な情況なのだが、ここのところ200超えでもがっかりさせられることが多かったので舞い上がってしまった。 何をもって本物だというか、だが当局にとっては珍局ゲットや珍しいところとの交信ではない。 人に言わせればそんなくだらないと言うかも知れないがありふれたところでも、相手局にどれほど喜ばれたかを第一に挙げた... 今日のSN=200は本物だった。<br /><span style="font-size:x-small;">lu6dppの28メガ1/4垂直アンテナ</span><br /><iframe width="320" height="260" src="//www.youtube-nocookie.com/embed/GXQb_ipYrxE" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><span style="color:#000000">SN(太陽黒点数)が200になるというのは稀有な情況なのだが、ここのところ200超えでもがっかりさせられることが多かったので舞い上がってしまった。<br /> 何をもって本物だというか、だが当局にとっては珍局ゲットや珍しいところとの交信ではない。 人に言わせればそんなくだらないと言うかも知れないがありふれたところでも、相手局にどれほど喜ばれたかを第一に挙げたいのだ。<br /> <br /> 今日、28であいてをしてもらったブエノスアイレスの3局のうち LU6DPP mario, はCBアンテナを改造した1/4波長垂直、 LU1DSE Adrian, はワイアで作った逆V、とTS-120,<br />LU7AEV marceloは Parombo3ele(LU製)であったが、(何れもベアフット、当局は40wの3エレCQ)問題なくラグチュウ出来たし、Adrianや Marcelo は始めてJAとQSOが出来て喜んでいた。<br /> 此の動画のMario のQRZ.comには1/4の垂直と書いてあったのでホントかと聞いたらほんとだと、 動画を見ろとのことで嘘偽りないようだが、信号は問題なくQ5で入っていた。<br /> <br /> そう、普段自分たちはJAなどとは交信したことがない、出来ないと思っている比較的弱い信号の局を発見して呼び、充分地球の裏側にもお喋りが出来るレベルで到達していることを教えてやり、向こう側でもそれを聞いて喜んでいる姿が想像できるのは実に嬉しいことで、出来るだけおめでとう、ちゃんと貴局の信号は綺麗に地球の裏側にQ5で入っているよ、 と言葉にしていうことにしている。<br /> <br /> 自分と同じように悪戦苦闘してやっと電波が少しは飛ぶようになったり、或いは何とか国外との交信が出来るようになった局を積極的に捕まえ、苦労話を聞いて上げるのは新鮮で、刺激的な気がするのですが、なんといってもコンディションに恵まれなければ交信できません。<br /> こんなコンディションの時のためにじっと待ち続けてきた沢山の局にも遂にそのかいがあったと思わせるような、今日の秋晴れと同じような伝播コンディションでありました。<br /><br />ところで彼らノンビーム派と交信するには壁がある。強いから大丈夫と思うとこれが 耳が悪いのが多いし、混信に弱い。 そしてまさか弱い信号にDXが混じっていると思っていないことである。 同様に一般的な3エレトライバンダー等の場合にはアンテナがW向けになっていてサイドになっている場合も多く、南米などではローテーターなしも多くてこれも苦労する。 日本でもそうだが国内ラグチュー専門で楽しむ連中に割り込むのは骨が折れる。(それが面白いかねーと言う声もあるが)<br /><br />しかし、この動画をみてもこんないいロケーションなんだからビームの一つも上げればいいのにと思うのはおせっかいか?<br /></span>
298

不気味の谷を脱出せよ!

「不気味の谷」という概念があるらしいのは前から知っていたが、これが人型ロボットだけでなく、CGのイメージなど結構広範な分野で一般化しているらしい。このグラフはWebから引っ張ってきたグラフだが、もっともらしいがどうも怪しい。ここのところ人型ロボット(ヒューマノイド)のキットで遊んでいて、たまたま、ぶち当たったものだが、だいぶ前から言われていることらしい。確かに自分の経験でも気持ちの悪い人形はいるので何... <a href="http://blog-imgs-60.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/bukimi3.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-60.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/bukimi3s.jpg" alt="" border="0" width="300" height="200" /></a><br /><br /><a href="http://blog-imgs-60.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/bukimi2.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-60.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/bukimi2s.jpg" alt="bukimi2.jpg" border="0" width="238" height="200" /></a><br /><br /><span style="color:#000000"><br />「不気味の谷」という概念があるらしいのは前から知っていたが、これが人型ロボットだけでなく、CGのイメージなど結構広範な分野で一般化しているらしい。<br /><br />このグラフはWebから引っ張ってきたグラフだが、もっともらしいがどうも怪しい。<br />ここのところ人型ロボット(ヒューマノイド)のキットで遊んでいて、たまたま、ぶち当たったものだが、だいぶ前から言われていることらしい。<br /><br />確かに自分の経験でも気持ちの悪い人形はいるので何でなんだろうとは思う。<br /> 人類は人類に極めて関心が強いが動物も大体、同一種に関心が強いのはそうだろうと思う。 それは繁殖などの必要性からだろうし、生きているか死んでいるかも食中毒や、伝染病を避けるためなどの本能的な要求から来ているもので遺伝子に刷り込まれているのだろうと思う。<br /><br />各地の神社、仏閣では人形のたぐいを処分する場を提供し、お祓いなどして祟がないように丁重に取り扱っている。<br />人型ロボットも可愛いのと気持ち悪いのがあるがではどうなったらその違いが起こるのか、かなり微妙である。 第一、実際の顔でさえ人に好まれる顔形と怖がられる顔形の違いを一言では説明できない。<br /><br />ヒューマノイドのさわりのようなおもちゃを触っていて感じるのは、人体の骨格や内部の大事な部分は全て同じであっても、一番外部の皮に相当する部分の何らかのニュアンスで イケメンや美女が生まれ、ちやほやされるわけで、めんくい、イケメン好きの方々にもこの構造を知るためにこういうものに触っていただくのも良いかもと思う。<br /><br /> でも人の外ずらより、内部の、骨格や、内臓などに惚れる人間がいたらそれも不気味かも? </span><br /><br /><span style="font-size:x-small;">注 不気味の谷のイメージサンプルはWEBで沢山得られるので各自試みられたい。</span><br /><br />
297

ロボットの関節は?

先述のロボットの構造だがRobiの場合20の関節でできていて、その関節が動くことにより動作をする。 せっかく組み立てたのだからその辺りを調べてみた。 もうご存知の方もおありとは思うが、私のような初心者レベルもおられると思うのでごくさわりの部分を披露する。 写真とイラストは週刊ロビ47号より ロボットの可動部分に冒頭のサーボユニットが装着されている。 大きさは20x35x35mm箱状でプラスチックケースに入っている... <span style="color:#000000">先述のロボットの構造だがRobiの場合20の関節でできていて、その関節が動くことにより動作をする。 せっかく組み立てたのだからその辺りを調べてみた。 もうご存知の方もおありとは思うが、私のような初心者レベルもおられると思うのでごくさわりの部分を披露する。</span><br /><a href="http://blog-imgs-60.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/dcservo3.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-60.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/dcservo3s.jpg" alt="dcservo3.jpg" border="0" width="179" height="200" /></a><br /><a href="http://blog-imgs-60.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/dcservo2.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-60.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/dcservo2s.jpg" alt="dcservo2.jpg" border="0" width="272" height="200" /></a><br /><br /><span style="color:#000000"> <span style="font-size:x-small;">写真とイラストは週刊ロビ47号より</span><br /><br /> ロボットの可動部分に冒頭のサーボユニットが装着されている。 大きさは20x35x35mm箱状でプラスチックケースに入っている。20個とも同一品物である。<br />現在、同じものが一個2000円弱で購入できる。<br /><br /> 構造はイラストのようになっていていわゆるDCサーボシステムである。<br />原理図は次のイラストの通りでDCモーターを使ってあり、位置指令(DC電圧)とフィードバック電圧(ポテンショメータにはDCが印加されている)が同じになるようにモーターが正転あるいは逆転などして両信号の差がなくなったところで停止する。  (アンテナローテータの方向指示器が同様な構造だ)</span><br /><a href="http://blog-imgs-60.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/dcservo1.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-60.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/dcservo1s.jpg" alt="dcservo1.jpg" border="0" width="272" height="200" /></a><br /><br /><span style="color:#000000">尚、エラーアンプというのはその差をエラーとしてエラーが極小になるように制御するためのものであり、PIDはその追随を最適とする3要素であるが、簡略化されている場合も多い。(厳密にはPは比例、Iは積分、Dは微分の意味で エラー値からその3つの成分を計算し合成し制御対象に合わせた、最適制御を行う)<br /> 尚サーボシステムには各種ありRC(いわゆるラジコン)コントロールなどは構造が簡単なPWM方式などが使われているようだ。<br /><br /> ところで基本的な部分を考えても20ほどの関節が必要になって、このRobi君が出来上がったようだが、自分の関節をみてみると、 このメカが一軸で一平面で回転するだけなのに対し、我々の関節はぐにゃぐにゃと複雑な多数の平面上で動くわけで、それだけ考えても生物は凄いと思うし、作るとなると大変だと思う。<br /> (変な結論かも知れないが、われわれよく出来たメカを持っているのだから、大事に上手に使っていかなくちゃ。-でもこれは使うなというよりは使わないと退化したり他に栄養を回されてしまうこともあるようなのでその辺りまで含めて大事にしましょう ということかな)<br /></span>
296

ロビのイタリアでのデモ。「Demostraciones de Robi en Italia」

前に紹介したロビはイタリアでも販売されているようでそのコマーシャルがYoutube で見れる。 サンプルをお見せする。言語はイタリア語なので、理解し難いかもしれないが内容は日本語バージョンと同じように思う。しかし、モデルのせいかもしれないが派手な感じだなー。最初の冒頭の部分の宣伝文は以下のとおり。(自分はスペイン語は多少解るがイタリア語は全然、でも眺めてみたらなんだか理解できる。(それ程言語同士は類似して... <span style="color:#000000">前に紹介したロビはイタリアでも販売されているようでそのコマーシャルがYoutube で見れる。 サンプルをお見せする。<br />言語はイタリア語なので、理解し難いかもしれないが内容は日本語バージョンと同じように思う。<br />しかし、モデルのせいかもしれないが派手な感じだなー。<br /><br />最初の冒頭の部分の宣伝文は以下のとおり。(自分はスペイン語は多少解るがイタリア語は全然、でも眺めてみたらなんだか理解できる。(それ程言語同士は類似しているということか)、 ということで間違いを覚悟で和訳をつけておく)<br /><br />Robi è un bambino robot che riconosce circa 250 comandi.<br />Quando parla la sua bocca si illumina, i suoi occhi cambiano colore e si muove in modo molto naturale ed espressivo.<br /><br />Robi è un androide che balla al ritmo di una musica emessa da un suo altoparlante interno.<br /><iframe width="320" height="260" src="//www.youtube-nocookie.com/embed/oomuQEdIBec" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><br />「ロビは子供のロボットで約250のコマンドを理解する。<br />彼が話すとき口の当たりが明るくなり、目の色が変化し、そして自然な表情で動く。<br /><br /><br />ロビはアンドロイド(人造人間)で内部のスピーカからの音楽のリズムに合わせ踊ったりする。」</span><br /><br /><span style="font-size:x-small;">ところでアチラでもホントに売れるのかな。<br />Youtubeのコメントの中に1400ユーロだったら中古車が買えるんだけど・・ というコメントがあったが。(イタリア語なので正確に訳せていないかも)<br />関心がお有りの方はYoutubeに映像が沢山あるのでご参照を</span><br />
295

ロングパスのシーズン到来か!

ロングパスのシーズンは始まっているの?14メガSSBをワッチしていたらEA3がガツンとロングパス方向から入ってきて勢い込んで呼んだが並み居るJAが強いようで勝てない。あちらはクソ馬力で強いが当局はベアフットで弱いし、EA3のカタルーニャは地元の言葉はカタルーニャ語で、それはちょっと無理、でもって、いつも英語を使うかカステリャーノ(標準スペイン語)にするか、迷うところで、今日も気が進まなくなって付近をワッチし... <a href="http://blog-imgs-63.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/tz6bb.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-63.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/tz6bbs.jpg" alt="tz6bb" border="0" width="462" height="300" /></a><br /><br /><br /><span style="color:#000000">ロングパスのシーズンは始まっているの?<br /><br />14メガSSBをワッチしていたらEA3がガツンとロングパス方向から入ってきて勢い込んで呼んだが並み居るJAが強いようで勝てない。<br />あちらはクソ馬力で強いが当局はベアフットで弱いし、EA3のカタルーニャは地元の言葉はカタルーニャ語で、それはちょっと無理、でもって、いつも英語を使うかカステリャーノ(標準スペイン語)にするか、迷うところで、今日も気が進まなくなって付近をワッチしていたらこのTZがCQを出していたので呼んでみた。<br /> 幸い誰も呼ばなかったようで応答が有り、交信が始まったが、あちらもアンテナの方向を調整したのか59で入ってくるようになった。<br /><a href="http://blog-imgs-63.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/ureemblem.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-63.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/ureemblems.jpg" alt="ureemblem.jpg" border="0" width="50" height="96" /></a><br /><br />QRZ.comを見るとUREのマーク(スペインの連盟)があるが、殆ど英語の説明ばかりで、スペイン語の記述はないのだが雰囲気はどうも、マドリッドっ子らしいので思い切って<br />途中からスペイン語に変えて話したら、そう、彼はEA3BB Fernando で、まさしくマドリッド生まれ、びっくりしたようだが急に親しい口ぶりになって、QSOが続いたが嬉しかった。<br /> 大分お待ちの局がいたようなので、簡単に切り上げたが、本当は色々話したかったなーとなごり惜しい交信になりました。 <br /> そう、自分の願望はこんな局と興味深い現地の話題でラグチューしたいんですが、なんせ周囲の情況は許してくれません、どうしたもんでしょうねー。<br /></span>
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。