FC2ブログ
プロフィール

grid-header1

Author:Sanyo
¡ Bienvenido a mi pagina !

Un chico enamorado de la comunicacion o la Radio, Transcurridos 50 años de mi primera licencia no ha cambiado mi modo de pensar.

Empecé Radio afición en 1958 y luego estaba divirtiendo lo.
Miren la página de QRZ.com y JA1COR
Esperen poco ya que todavía no he preparado la pagina escrita en castellano.

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1378' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
309

美しきシャレコウベ

今回は、柄にもなく芸術的な話をする。(まあ、成り行きだが)今日、28のSSBでCQジャパンを連呼する局がいたので応答して、QSOをした。XE2AA メキシコ中央部の大都市Aguas Caliente (温泉みたいな地名だが)のEnrique氏でここには日本の日産自動車の工場があり、もう7,8年前だが、其処で仕事をしている知人に会うのでメキシコ中央部の歴史都市Guanafatoから出かけたことがある。この街には闘牛場があったので驚いた。 スペインから... <a href="http://blog-imgs-46.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/XE2AA.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/XE2AA.jpg" alt="XE2AA.jpg" border="0" width="799" height="514" /></a><br /><br /><br /><span style="color:#000000">今回は、柄にもなく芸術的な話をする。(まあ、成り行きだが)<br /><br />今日、28のSSBでCQジャパンを連呼する局がいたので応答して、QSOをした。<br />XE2AA メキシコ中央部の大都市Aguas Caliente (温泉みたいな地名だが)のEnrique氏<br />でここには日本の日産自動車の工場があり、もう7,8年前だが、其処で仕事をしている知人に会うのでメキシコ中央部の歴史都市Guanafatoから出かけたことがある。<br /><br />この街には闘牛場があったので驚いた。 スペインからの伝来だろうが、今でもやっているのだろうか。下の写真がそうだが、垂れ幕に2006と書いてあるのでその時期に行ったと思う、その下のTaquillaが入場券売場だ。<br />そんな話をしたら、また来てくれと云われた。<br /> <br />QRZ.comを見たら上のカードが現れた。 そう、メキシコには死者の日<br />(Dia del muertos、 Day of the dead)というのがあって、その日は盛大に墓前で祝うらしいので(見たことはない)こういうのも珍しくはないのだろうが、 しかしこのカードにはCatavera de la Catrina by Posada. と書いてある、これは作品のタイトルらしい。<br /><span style="font-size:large;"> カタリーナのしゃれこうべ</span>、とでもいうのであろう。<br /> Wikipediaによるとオリジナルの作品は1910年代にJose Guadalupe Posadaと言うメキシコ人が描いたエッチングの作品で、そういえばよく見かける気がする。<br /> そう、彼らメキシコ人にすれば珍しい絵ではないのだろうが、見た人間は衝撃をうけたと思う。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-46.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/2014122214550639c.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/2014122214550639cs.jpg" alt="aguas caliente" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /> いつか見たTVの映像では、メキシコのどこだかで親しい肉親の死後、その髑髏を身の回りに置いて生前の名前で愛撫しながら暮らす人を見たことがある。 自分も骸骨のおみやげを買ってきて持っている。 危害を加えられることもないし、思い出深い対象で愛着を持つのは変ではないと思うが、どうしても外面がみずみずしい皮膚で覆われた魅力的な状態の自分たちの姿が好ましく、一皮剥かれた骸骨は何でだか恐ろしい。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-46.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/xe2aa-2.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/xe2aa-2s.jpg" alt="xe2aa-2.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /> 無線機や自動車など、今までは内部も美しいのがあった。(見方にもよるのだろうが)電子装置は今やLSI(大規模集積回路)ばかりでスッキリはしているのだろうが全然おもしろくなくなってきた。 江戸時代のからくり人形ではないがうまく出来ているなというのが見えないので、器械の中を覗く楽しみは減ってしまったように思う。<br /> 我々の子供のころは人の声がするラジオの背面を覗くと真空管が何本か点灯していて、摩訶不思議で興味深々、<br />オールウェーブラジオと称するものの殆ど何も聞こえない短波帯のダイアルを回して耳を傾けていた。<br />それが高じてハムになったと思うのだが、今はそういうものがあるのだろうか。</span>
308

頑張れ キューバ!

私め、ぶっちゃけた話、信心をもたないある意味不届き者と自覚していますが、スペイン語圏とのつきあいからカトリックの方々との付き合いが時々あります。 今まで特に感慨はなかったのですが、この度キューバとUSAの国交が開始の運びになったとのニュースを聞いて、そしてそれにはローマ法王 のホルヘ改めフランシスコ様が尽力されたとのことを聞いてさもありなんとカトリックでもないのに嬉しかったのです。 そう、このアルゼ... <a href="http://blog-imgs-46.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/cuba-001.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/cuba-001s.jpg" alt="" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><span style="color:#000000">私め、ぶっちゃけた話、信心をもたないある意味不届き者と自覚していますが、スペイン語圏とのつきあいからカトリックの方々との付き合いが時々あります。<br /><br /> 今まで特に感慨はなかったのですが、この度<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%90" class="tagword">キューバ</a>とUSAの国交が開始の運びになったとのニュースを聞いて、そしてそれにはローマ法王 のホルヘ改めフランシスコ様が尽力されたとのことを聞いてさもありなんとカトリックでもないのに嬉しかったのです。<br /> そう、このアルゼンチン出身の法王は型破りだが、本当に大事なことに身を挺することもいとわない立派な人のようなのです。<br /> 本当の宗教者は自分のやるべき仕事を知っているなーと感心しました。<br /><br />2009年 話題としてはすこし古くなってしまいましたが メキシコ南部ユカタン半島でしばらく過ごした後、<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%90" class="tagword">キューバ</a>に渡りました。<br /> その時、ユカタン半島ではメリダにいて、マヤ遺跡などを巡ったのですが、そこでXE3のハム(Echolinkつながり)に案内してもらい最後はXE3AIL Israeli 氏が<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%90" class="tagword">キューバ</a>にいくなら俺の知り合いのところにいけと云われ、行ったのですが其処には人を迎えられる状態ではない不憫なご婦人しかいなくて、居づらかったのです..<br /> すぐホテルを探して次の日からは何とか自由に過ごすことが出来ました。 昔の日本のように人情を頼り、世話になるのが普通なのでしょうが、クルマに乗せてもらうにも隣の兄さんにお願いしなくてはならず、不自由でした。<br /><br /> このときハバナの街の中の看板が面白く思われました。<br />上はコッペリアという有名な店の上に、「決して理想を諦めることなく前進しよう」<br /> というような意味が書かれています。 アメリカなどの何でもありの国にはならないぞ、ということでしょう。 その下の写真は 「自由の国に生きているのだ!」 と書いてあります。 <マークはUJC、Union de Juvenes Comunista><br /> こういった国を揚げてのスローガンのようなものからはなんとなく彼らの当面する課題のようなものを想像できる感じがして興味深く思います。<br /><a href="http://blog-imgs-46.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/cuba002.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/cuba002s.jpg" alt="cuba002.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /> <br />この時丁度WBCが開かれ、日本が優勝しました。 野球は国民的なスポーツですが道具などは充分ではないようです。 でもいたるところで子どもたちがこんな手製のバットとボールで遊んでいました。 日本に対する印象は大変良く、日本の野球は頭脳的と好まれているようです。 民宿のおやじさん、タクシーの運ちゃんなどと話し込むチャンスが有り、その中では日本に対する尊敬の念を感じました。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-46.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/cuba-004.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/cuba-004s.jpg" alt="cuba-004.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /> 乗り物は色々ですが、アメリカの経済制裁、といやがらせで車が輸入できず(中国製は存在した)革命当時からのいわば、クラシックカーが多いのですが、エンジンなど中身は入れ替わっているという話です。<br />街のあちこちで車をいじっています。 動く車を持っている人はそうでない人に便宜を図る義務があるようです。自転車タクシー、乗合馬車、ここタクシー(ココナツみたいに丸い)など、乗合バスは非常に安いのですが、全然、こない時があり困りました。<br /><br /> そして人々は真面目で素直な人が多いように思いました。 一度トイレでチップを払ったら多すぎると云って後でわざわざ返しにきましたし、バナナを買おうとして札を出したら、それでは駄目だ、小銭しか受け取れないと云われました。 町中で見かけたみすぼらしく見える老人がいそいそと予防注射の日だからと建物に入って行きました。 医療や教育は無料のようです。 この人懐こい国がこれからどうなっていくのでしょうか。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-46.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/cuba-011.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/cuba-011s.jpg" alt="cuba-011.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><a href="http://blog-imgs-46.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/cuba-010.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/cuba-010s.jpg" alt="cuba-010.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><a href="http://blog-imgs-46.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/cuba-006.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/cuba-006s.jpg" alt="cuba-006.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><a href="http://blog-imgs-46.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/cuba007.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/cuba007s.jpg" alt="cuba007.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br />インフラはまだまだのようで、この写真は電気工事をやっているようですがあまり効率的に見えません。<br /> 汽車で旅行しようと駅に行ったらその電車は今日はありませんと言われました。<br /><a href="http://blog-imgs-46.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/cuba005.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/cuba005s.jpg" alt="cuba005.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><br />そして半世紀以上もの米国からのイジメに耐え、中南米の多くの国が<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%90" class="tagword">キューバ</a>支持を表明するようになった今日迄、よく頑張ったと彼らを褒めてあげたい気がします<br /><br /><a href="http://blog-imgs-46.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/cuba008.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/cuba008s.jpg" alt="cuba008.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br />チェ・ゲバラの記念館で<br /></span><br />
  • Date : 2014-12-19 (Fri)
  • Category : 未分類
307

マダマダ10m帯。

CX5CI  Juan久しぶりに10mでDXとラグチューが少し出来て溜まったストレスを放出できた。 朝方、バンドを(28 SSB帯)聞いたが開いていそうなのだが、誰もでていない。 ダメもとでCQを数回、するとCX5CI Juanが呼んできた。 何でもこっちはピークメータでも50Wぐらいの出力なのだが9+で聞こえているという。お互いによく聞こえていて快適なQSOになった。 彼のリグはTS-120Sベアフットで博物館ものだという。少し音が悪い... <a href="http://blog-imgs-46.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/CX5CI.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/CX5CI.jpg" alt="" border="0" width="597" height="384" /></a><br />CX5CI  Juan<br /><br /><span style="color:#000000">久しぶりに10mでDXとラグチューが少し出来て溜まったストレスを放出できた。<br /> <br />朝方、バンドを(28 SSB帯)聞いたが開いていそうなのだが、誰もでていない。 ダメもとでCQを数回、するとCX5CI Juanが呼んできた。 何でもこっちはピークメータでも50Wぐらいの出力なのだが9+で聞こえているという。お互いによく聞こえていて快適なQSOになった。<br /><br /> 彼のリグはTS-120Sベアフットで博物館ものだという。少し音が悪いが話を聞くには問題ない。 この器械はトリオの最初の半導体化リグで1978年位から売られていたようだ。 <br /><br />自分の最初のSSB機は八重洲のFL-100Bを(もちろん買えないので)真似して作った球式だったので、こういうリグを見ても古いとは思えない。 第一充分実用になっているからそれだけで大したものだ。<br />OMは 自分と同一世代のようで、ウルグアイ人の出身地などの(ほぼEUからの移民の子孫だが)話をしていただいたので我が日本の情況(子供の頃外国人を見ることはなかったが、今では外国人が増えていること)などを話し、お互いに健康に気をつけて良い新年を迎えましょうということでQSOを終えた。<br /><br />いつも感じるのは彼らは我々とは地理的、地球的に対蹠点に相当し、季節、時間、などは反対で、QSO時にはリアルタイムで実況できるわけで対照的で面白いし、話題に困ることはないのだが、アチラ側でもそう思ってくれれば良いがそうでないとミスマッチになり、飽きさせてしまうので気をつかう。 <br /> そしてコンディションの急変もあり、そう、しゃべりすぎには要注意である。<br /><br />今回、注目したのは開始時にQRZ.comの当局のページを見てLookUp 数が18444だったが30数分のQSO後、その数字が変わらなかったことである。<br />普通、DX局と交信(普通は英語が多いが)するとワッチしている局が閲覧したりして交信後この数が増えるのだが、恐らく、大半のワッチ局には言葉(西語)も馴染みが無いことなどから、今回の交信は国内、国外共に全く注目を浴びないノイズのようなもので、無視されるのは当然かもしれないが、少し寂しい、しかし逆に秘話化されていなくても、恥も晒さないですむわけで良いことでもあるのかなと謙虚に思ったわけである。 <br />案の定、コンデイションが良いまま、交信終了したにも拘らず辺り一面、誰も現れなかったのである。<br /><br /> そして、ふと思ったのはホントにCXとラグチューをしたんだろうかと、 QSOをしたような、しなかったようなおぼろげな記憶しか残らないけども地球の反対側同士の二人のみがひとしきり話した筈なんだが、これって現実に起きた出来事なのかな・・<br /> と思ったのでした。(なに認知症の心配でもしろと)<br /><br /></span>
306

身を切る改革だと!笑わせるぜ。

腑に落ちない話がある。せっかく選挙を行ってくれるんだから、少しは考えないといけないかも。と思いこの際一言あまり云われていないことがあるので発言してみたい。彼ら議員や議員候補の多くが痛みを伴う改革をとかいって、議員削減こそ、やるべきだと発言しているが、ちょっと考えるともっともらしいが、そして、やる気があるかどうかという問題はあるのだが、それより、これって民主主義の根幹に反するのではと思うんだが。 民... <span style="color:#000000">腑に落ちない話がある。<br /><br />せっかく選挙を行ってくれるんだから、少しは考えないといけないかも。と思いこの際一言あまり云われていないことがあるので発言してみたい。<br /><br />彼ら議員や議員候補の多くが痛みを伴う改革をとかいって、議員削減こそ、やるべきだと発言しているが、ちょっと考えるともっともらしいが、そして、やる気があるかどうかという問題はあるのだが、それより、これって民主主義の根幹に反するのではと思うんだが。<br /><br /> 民主主義では議会に民意を最大限に反映するのが理想であり、諸般の事情から増やすことは難しいとしても議員を減らすのはその窓を減らすことになるわけで、それはもってのほかであり、後退である。<br /><br />やるべきは税金から与えられる報酬や特に政党交付金などは減額したり、無くすのが本筋ではないだろうか。  平均的な給与所得者と同じレベルまで歳費を減らし、出費は全部領収書を義務付けて、それでもやりたい人間だけでやってもらいたい。 民意を代表して、その実現に努力しようとして立候補するのだから当然、出来る筈だ。<br />そして、任期の間、一度も発言したことがない議員が存在するらしいが、そういうのはまさしく税金泥棒であり、公表スべきである。<br /><br />2ヶ月程しての追記<br /><br /> これを書いたのは年末の選挙の最中だったと思うがその時はすこし、過激で<br />現実離れした提案かもとと思ったのだが、最近、ウルグァイ大統領のことを知り<br /> CXの仲間に聞いて確認したりして、そうでもないと思い直した。<br /><br /> この二月に任期が終了するウルグァイ大統領ホセ・ムヒカは 給料は115万円相当だが<br /> 受け取るのはその10%、9万程であとは福祉施設に寄付している。 ネクタイもしないし、金を使わないから<br />お金はかからないとのこと。 小さくても(人口は320万ー静岡県ぐらい)一国の大統領が出来ているのだし、<br /><br /> わが国でも全く同じには出来ないかもしれないが、近いレベルには出来る筈だ。<br /><br /></span>
  • Date : 2014-12-13 (Sat)
  • Category : 未分類
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。