FC2ブログ
プロフィール

grid-header1

Author:Sanyo
¡ Bienvenido a mi pagina !

Un chico enamorado de la comunicacion o la Radio, Transcurridos 50 años de mi primera licencia no ha cambiado mi modo de pensar.

Empecé Radio afición en 1958 y luego estaba divirtiendo lo.
Miren la página de QRZ.com y JA1COR
Esperen poco ya que todavía no he preparado la pagina escrita en castellano.

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

351

HEXビームならぬ ”PENTA ”ビーム の性能? そして「コイル入り八木」はイモなのか?

                                                              下側は共振回路のインダクタンスに流れる電流の位相折角、Hexビームもどきアンテナをでっち上げたのだが、コンディションが最悪だということも有り、実際の交信で色々試せていない。 恐らく予想できるのはせいぜい2エレ、八木のパフォーマンスかなと云うぐらいのことだと思う。利点は5バンドにで... <br />                    <span style="font-size:x-small;"><br /><a href="http://blog-imgs-98.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/reson.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-98.fc2.com/v/a/c/vacaconajo/reson.jpg" alt="reson.jpg" border="0" width="1016" height="320" /></a><br /><br />                                          下側は共振回路のインダクタンスに流れる電流の位相</span><br /><span style="color:#000000">折角、Hexビームもどきアンテナをでっち上げたのだが、コンディションが最悪だということも有り、実際の交信で色々試せていない。 恐らく予想できるのは<br />せいぜい2エレ、八木のパフォーマンスかなと云うぐらいのことだと思う。利点は5バンドにでられることである。<br />------------------------------------------------------------------------------------------ <br />   12/14 0800GMT頃 何も聞こえない 15mのSSBでだめもとのCQを出すと蚊のなくような応答が有り、何度か聞きなおして<br />   VK2FBBB Rob氏を確認したのだが彼のアンテナは1/4波長垂直 で電力は10w <br />   (VKの4文字コールはFoundation局<ノビス> で空中線電力10w、無線機は市販のものという制限があるらしい)<br />   こんな局が応答してくれたということはこちらの電波も彼の設備に何とか届いているということだが、何しろ色々、話を<br />   続けられるレベルの信号ではないので残念ながら早々に73となった。 <br />     しばらくはコンディションの上昇待ちである。<br /><br />追加<br /><br />2017年1月4日 0730 UTC ロングパス経由でIK4GRO Lauro氏と20mのSSBで交信、<br />His59 my57であった。 彼はこのバンドは4エレ八木で、FTdx5000、何度かQSOした相手で<br />応答するなり、いきなり、名前を呼ばれて焦ってしまった。 この感じではコンディションにさえ恵まれれば<br />以前のクワッドと同じように北米、南米、EUともラグチューを楽しめそうな気がする。<br />ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー<br /><br /><br />ところで、昔から「短縮形の八木はイモである。」という言葉を聞いてきたが<br />実はここのところ気になっていたのはブログhttp://jl3lsf.blog.fc2.com/blog-entry-1239.html (TNX jl3lsf局)の中の トラップ入り八木の、<br />つまり共振回路いりトライバンド八木の特徴を改めて確認し、もう一度考えてみた。 それは共振回路の入った八木アンテナはビームアンテナとしての<br />性能を発揮できる周波数がごく狭く、うまく働いていても性能を発揮できる帯域が狭いということのようだ。<br /><br />  自分には細かく論ずる素養はないのだが、少なくとも<br />八木アンテナの動作は反射器、と導波器エレメントの共振周波数が目的周波数からわずかに離れそれによって到来電波の信号を強める、あるいは弱める位相差の電流で励振されるときに指向性が出てくるらしい。<br /> で参考までに共振回路に加わる信号とその電流の位相(イラストの図のL側)はシミュレーションしてみた。 L側に流れる電流は共振点付近で大きく位相が変化するので丁度良い位相になるように周波数を選ぶ必要があるが、それは 真っすぐの棒状エレメントでも途中に共振回路を入れたものでも同様なのだが共振回路を入れたものでは不可避的に帯域幅が狭くなるということである。<br />  確かに共振回路で移相するのであれば最良なポイントは一点に近くなってしまう。 <br /><br /> 只、移相のために伝送線を使用したHB9CVはその原理から、遥かに広い周波数範囲で反射器(導波器)が動作するのであろう。実際あちこちで見るそのSWR特性なども<br />圧倒的に広帯域である。<br /><br />これらのことから、どうするべきかと考えると<br /> 1 巻き尺式八木にする。 (作れそうもないから買う→敗北だなー)<br /> 2 HB9CVタイプにする 導波器も同一構造にするのは大変。そして原理的にはシングルバンドになるので多バンド化は大変。<br /> 3 LC共振回路なし(短縮なし)で作る。 そして更に広帯域の工夫をする。 これは出来そう。<br />    シミュレーションをしただけだが、<br />    ・八木アンテナの反射器(導波器)エレメントをループにするとガクッと広帯域になる。<br />    ・反射器(導波器) エレメントを同一面に複数置き周波数をずらしてスタガー共振とするなど。<br />   実現性は有るがゲインが増えるわけでもないので、そこまでやるかと 思ってしまう。<br /><br />   とまあ、思い悩んで、結局何も出来ないのかな。と思うのである。<br /> <br />        <span style="font-size:x-small;">(上記内容には技術的に正確でない部分が含まれているかもしれません。 あしからずご了承ください。)</span><br /></span>
    Return to Pagetop