プロフィール

grid-header1

Author:Sanyo
¡ Bienvenido a mi pagina !

Un chico enamorado de la comunicacion o la Radio, Transcurridos 50 años de mi primera licencia no ha cambiado mi modo de pensar.

Empecé Radio afición en 1958 y luego estaba divirtiendo lo.
Miren la página de QRZ.com y JA1COR
Esperen poco ya que todavía no he preparado la pagina escrita en castellano.

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

248

おや、少し、良くなったか10mバンド



KI6YWP

今日は久しぶりに楽しいQSOが出来た。 15mが最初開いていて、Wを呼んだけど、非力なベアフットのせいか、アンテナがどこか腐ってきたか、相手から申し訳なさそうによく聞こえないからまたね。と断られ、ではと10mを聞いてみると、YL局がCQを出している。
 
どうせダメだろと呼んでみると、応答があり、日本から呼ばれたのが嬉しかったようで、59で、素晴らしくよく入っていると(ほんとにWonderfulといってた)、で話してみると、カリフォルニアの局で互いに59-59でバッチリ(ノイズ無し、FMの如し)、パワーはどのくらいか聞かれたが、そちらの半分の100wだよとこたえた。あちらはTS-480+Verticalとのことで、やっぱ、10mは俺を見放さなかったなと、思った次第である。
 
 10mの良い所はいくつもあるが、この局のように豪勢とまで言える設備でなくとも、そして日ごろパイルアップを受けることもないけど、偶然、バンドが開けると、DXがローカル並に聞こえ、お互いに嬉しい、儲けた気分になれることで、笑われるかもしれないが、今朝は、この素敵なKimさんと(声も魅力的!)ちょびっとラグチューのまね事をさせていただき、舞い上がってしまった。 
 面白いのはEchoLinkなど、インターネット経由の交信では決して興奮しないが、HFハイバンドの電離層反射がMAX状態みたいなときというのは、このタイミングを逃しては大変、なんとか一杯、話さなくちゃとなるのである。 
 
 お互いにQRZ,comのBiographyを読みながらの交信であったが、国内では決して出来ないQSO,(第一、その手のYLはどこにもいねーじゃねーか)をさせていただいたわけでまあ、鼻の下も伸びたわけであります。

で、今回思ったのが、わが青春時代に思いを馳せると、このような場合に、話したいことの10分の1も話せない、もどかしさだったなーと、で今回は、もどかしさは同じだがその時と違い言語能力の貧しさにも起因していて、かっこいいことを話したくても何ともならないし、アーウー言っているうちにコンデションが落ちてしまうんである。

諸兄、このような時のために外国語の能力を高めて、ブザマな状態を晒さないようにしておきましょう。その様な動機を持ち続けられるのはOLDハムの特権なのであります。 
方法は、脳内にほんわかとしたイメージを作り、夢を見るように微笑みながらひとりごとをいったりしたらどうだべと思うんだが、
(周りからはあいつ、とうとうこーなっちゃったかといわれるかも)
 ま、ともあれ、外国語を口に出して練習することは極めて脳内を活性化する意味があるわけでバカにするなら、バカにしろ、お前らボケても俺はボケねーど、と無視するべきであります。
 
 


ki6ywp,kim

KI6YWP kim
スポンサーサイト
2

Comment

  1. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2013-10-07 (Mon) 18:37

    いやいやいやいや。
    いやいやいやいや。
    いやいやいやいや。と北三陸の無線カフェw。

    その会話、DX Clusterで発見してのこのこタヌキしに行きましたが、残念ながら終わっていた。ちぇっ。
  2. Sanyo

    Sanyo

    2013-10-07 (Mon) 20:30

    街ですれ違ったら、鼻もひっかけられない薄汚いじじいでも10mバンドで出くわすと喜んでお相手いただける訳でハムというのはありがたいものですなー。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop