FC2ブログ
プロフィール

grid-header1

Author:Sanyo
¡ Bienvenido a mi pagina !

Un chico enamorado de la comunicacion o la Radio, Transcurridos 50 años de mi primera licencia no ha cambiado mi modo de pensar.

Empecé Radio afición en 1958 y luego estaba divirtiendo lo.
Miren la página de QRZ.com y JA1COR
Esperen poco ya que todavía no he preparado la pagina escrita en castellano.

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

254

WW 2013 Phone で気になったこと。

hk3vhz
hk3vhz


CQ WW 2013 Phone のコンテストが行われている。久しぶりに太陽活動が活発で賑やかになっていて人ごとながら良かったと思う。 
 当局はあまり関心がないので見て見ぬふり、というか聞いて聞かぬふりをしている。
 
 なぜかというとストレスを感じて頭に血が上るのが嫌だからである。それなので、すねてpskなどで南米などとやっている。
 このモードにはPhoneのコンテストに背中を向けて、すねて運用している局も結構いるようで相手がまあまあいる。 最初にLU7HBK Cesar と次にHK3VHZ Guillermo とQSOした。 Cesar からは昨日の地震の心配をしてもらったが、こっちは震源より離れているから大丈夫と言っておいたが、いつもながら今や彼らと情報に時間差がないのが不思議な感じがする。Guillermoは技術的なことに興味があるようで、QRZ.comからyou tube に飛んでいくようになっていて、デジタル通信のインターフェースなどに能書きを垂れているようだ。信号は強力で電話で出ればパイルになると思うのにひねくれた男である。
 

ところで聞いて聞かぬふりのコンテストだが昨夜、偶然、聞こえたのがLUの局をJAのYLさんが呼んでいて、コールサインをとってもらえないで苦労されていた場面だ。 信号は双方よく聞こえていたようなのだが、彼女のコールサインの最後のWが取れず、何遍か頑張っていたが結局南米局は諦めた。彼女は W-ウィスキー、 ワシントゥン と きちんと英語の発音で言っていたが(気持ち語尾の音が弱かったかも)、スペイン語には、本来、Wの文字はなくWは外来語に使うだけなので、立派な英語の発音はむしろ、通じにくいかもしれない。
 日本人風な ウイスキイ ワシントンと語尾も子音でなく、関西風(どういうのかって? いや、よく聞こえてまっせ、J*3 のクソ強い信号が)やローマ字風に母音をしっかり発音したほうがいいかもしれない、彼らの言葉は英語と違い日本語と同じように、子音+母音の繰り返しで出来ているので子音で終わらず母音をしっかりくっつけて発音したほうがわかり易いはずだ。 そしてWはスペイン語ではダブリュでなくドブレウベ又はウベドブレ (Vふたつの意味)といってやれば良い。

折角、相手にもよく聞こえているのに可哀想と思ったが、おせっかいをしてはコンテストをぶち壊すので聞こえぬふりをするしかなかった。
もちろん、世界的には英語が一般的なのだが、南米など英語を話さない地域も多いのでその人たちのことを考えると綺麗な英語風発音がいつでも万能ではなく、英語でも相手に合わせた通じやすい発音やイントネーションの工夫があるような気がする。

スポンサーサイト
  • Date : 2013-10-27 (Sun)
  • Category : 外国語
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。