プロフィール

grid-header1

Author:Sanyo
¡ Bienvenido a mi pagina !

Un chico enamorado de la comunicacion o la Radio, Transcurridos 50 años de mi primera licencia no ha cambiado mi modo de pensar.

Empecé Radio afición en 1958 y luego estaba divirtiendo lo.
Miren la página de QRZ.com y JA1COR
Esperen poco ya que todavía no he preparado la pagina escrita en castellano.

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

261

半世紀前のLUからのQSL。

lu1dab

掃除大嫌い人間だが、何かやってる振りをしていないと格好つかない時期でもあるので、机の引き出しなどかき回して時間をすごす訳なんだが、犬も歩けばQSLカードに当たるわけで、出てきたのがこれ、 何の変哲もないLUのカードだ。
  
珍しくもねえと言われる御仁も多いと思うが、これは裏をみると交信は1960年で当局が開局したのが58年で旧2級だったが、アルファベット45文字の新2級CW移行試験にパスし晴れて国際バンドの28メガが使えることになって慌てて機械を作って交信することができた。
 (それまでは旧2級は3.5、7及び50メガ以上しか出られなかった。)で、急遽3.5メガのVFOから2逓倍し、次に2逓倍し14メガを出し、それを更に2逓倍してやっと28メガを取り出しそれを終段の807シングルに突っ込み10wの出力とすることができた。変調はもちろんAMのSG変調だったと思う。

 逓倍は電力増幅管が必要だったので壊れたラジオから42とか6ZP1とかを引っこ抜いてきて使った。アンテナは篠竹でつくった2エレのワイヤによるヤギでRXはXtalコンバータを作って何とか電波を出すことができ、早速、聞こえるオーバーシー局とのQSOをやりまくったのだが、そのときに交信した南米局のひとつなんである。

 裏面のデータは下の写真になるがごらんの様にモードはPhoneとしか書いてないが当時はまだ、SSBは少なく南米ではPhoneといえばAMのことだったんではないかと思う。   

このオペレータのJuan Carlosはもう存命ではないかもしれないが、20年以上前に偶然交信できた。 このカードのことが記憶にあったのでカードの表面に牛が書いてあったと思うと云ったところ、そのとおりと答えてくれた。

  その最初のQSOから20年以上経ってから、思い立ってスペイン語の勉強を始めることになるのだが、このQSOの当時はもちろん、英語それもかなり酷いラバースタンプだったろうと思う、しかし、インターネットもないこの時期に、こんな風にして地球の裏側と話せるんだ、言葉が自由になったら何でも話すことが出来るんだと、夢をふくらませるに至ったのは間違いない。
 今、この当人と会うことができたら、楽しいお喋りができるのではと想像がふくらむ。 53年前の懐かしいカードである。

lu1dab/date
スポンサーサイト
4

Comment

  1. KI2P

    KI2P

    2013-12-30 (Mon) 02:09

    FT-1000MPのコメントありがとうございました。 あのダイオードはそういうものだったのですね。 知らないものだからトランジスタ取替えに面倒くさい取り付け方されてるなと思いながら取替えました。
    明日にでも、もう一度ケース開けてくっつけて起きます。 それにしても、さすが大OM 何でもご存知ですね。びっくりです。 本当にありがとございました。
    よいお年をお迎えください。
  2. Sanyo

    Sanyo

    2013-12-30 (Mon) 11:16


    半導体の世界では一般的な話なので当然のことです。 夏の暑い時期のことを考えるとその処理をしておいたほうが良いと思います。 それにしても良く原因がわかりましたね。 
     こちらこそ来年もよろしく、良いお年を!
  3. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2014-01-02 (Thu) 03:00

    めっちゃ達筆ですなぁあけましておめでとうございます。
    大切な記念碑ですよねー。
  4. Sanyo

    Sanyo

    2014-01-02 (Thu) 10:11


    おめでとうございます。
     コメント有難うございます。今年も失礼をおゆるしくだされ。(先に云っておきます)
     どうも洋の東西を問わず、美文字は美文字のようで、自分は地の果てまでいっても救われないと思いました。
      弱冠18歳ニキビヅラの小生 にいただいた宝物でした。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop