プロフィール

grid-header1

Author:Sanyo
¡ Bienvenido a mi pagina !

Un chico enamorado de la comunicacion o la Radio, Transcurridos 50 años de mi primera licencia no ha cambiado mi modo de pensar.

Empecé Radio afición en 1958 y luego estaba divirtiendo lo.
Miren la página de QRZ.com y JA1COR
Esperen poco ya que todavía no he preparado la pagina escrita en castellano.

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

279

ローテータのゴムベルト交換

ベルト

当局で使用している古いアンテナローテータ(江本502―SA)は健在だが何度かコントローラ内部の方向表示用サーボモータの駆動用ベルトを取り替えている。 もともとゴムベルトは使っても使わなくても酸化などで15年が寿命だという。
これはカセットデッキなどに使われている黒色のものだが、実は昔、仕事で小さなサーボシステムを触ったことがあり。そのとき使ったベルトはピンクで熱溶着でつなげるタイプで結構信頼性があったような記憶があった。 で調べたらウレタンゴムのようで、今でも入手できるらしい。
今までの黒いゴムのものも使えないわけではないがウレタンのほうがよさ気だし、手に入るようなので交換することにした。

以下Webより引用
「ウレタンゴムは引き裂き強さや耐摩耗性において他のゴムに比べ非常に優れており、ベルトやアイドラー、ピンチローラの材質として理想的ですが、材料の価格が高く、また高温、高湿度下では加水分解を起こし、水飴のようにドロドロになる。」

高温高湿度でもないのでドロドロにはならないだろうし、傷んでも材料は少ししか使わないので、再度作れば良いのではと考え材料を入手して、作ってみることにした。

ネットを探すと今でも販売しているし、10m単位だが値段は安い。検索する場合 ポリウレタン 丸ベルト で探せる。太さは各種あるようだ。使用したのはバンドー化学のバンコード丸ベルト#480(橙色)1.5mm径

50年前にやった作業を思い出しながらやってみた。

1 ベルトの長さは元のベルトと同じ長さに切り出す。 (溶着させるので少し全長は短くなるので少し伸ばした状態で使うことになる)

2 はんだごてを用意し、両端切断部分を同時に温め、溶かし すぐに両端を押し付けて溶着させる。(息を止めてできるだけ両面を正確に合わせて溶着する)

3 ニッパーや爪切りのようなものではみ出した部分を綺麗に切り取る。

簡単にそしてうまく出来たので今度は残りの材料を使って壊れたままになっているカセットデッキの修理に挑戦してみたいと思う。 何しろ、テープレコーダの類はベルト以外は良く出来ているのだがベルトだけは泣き所のようだ。
メカやエレクトロニクスが問題ないのにデッキがごみになるのはもったいないが、こうした製品が普通に存在しそして捨てられていく、何よりソースのカセットテープなどそれぞれに録音時の思い入れなどがあるので再生できないのは寂しい。
belt2.jpg
belt3.jpg
belt4.jpg
belt5

スポンサーサイト
4

Comment

  1. JA1KIH Taka

    JA1KIH Taka

    2014-04-15 (Tue) 21:10

    これはすばらしいですね。 以前このベルト交換で苦労した記事が出ていましたが、このアイデアを使えば完璧です。 当局のコントローラもいつ壊れても(ベルトが切れても)おかしくないので記憶にとどめておきます。TNX
  2. JA1KIH Taka

    JA1KIH Taka

    2015-11-22 (Sun) 04:47

    とうとうベルトが切れました。わざわざ現物を送っていただいてありがとうございました。 
  3. JM1GWX shun

    JM1GWX shun

    2016-10-09 (Sun) 17:56

    これはいいですね。
    切れてしまったときアイデアを拝借させていただきます。
  4. Sanyo

    Sanyo

    2016-10-09 (Sun) 20:46

    まだ切れていなくても連絡いただければ封筒にいれておくりますから、遠慮なくお申し付けください。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop