プロフィール

grid-header1

Author:Sanyo
¡ Bienvenido a mi pagina !

Un chico enamorado de la comunicacion o la Radio, Transcurridos 50 años de mi primera licencia no ha cambiado mi modo de pensar.

Empecé Radio afición en 1958 y luego estaba divirtiendo lo.
Miren la página de QRZ.com y JA1COR
Esperen poco ya que todavía no he preparado la pagina escrita en castellano.

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

280

ハムの魅力を若者に伝えているかい?

vk2fjc

左がVK2FCOR Corey君、 真ん中 Richard氏

先日、VKの10才のハム、Corey 君 VK2FCORとQSOし、その時声変わりしてない彼の声からYL局と間違えた話を当ブログに書いた。 で、ここに来てたまたま彼のパパ VK2FJC  Richard 氏とQSOして、話の中から彼がパパだとわかった。で、息子さんの声からYL局と間違えたといったら、かれは未だ10才だからなと云っていた。 その時運用していたのはAX2FJCという記念運用局(Australia Day)のコールサインであった。
 前回Corey君とのQSO後彼のQRZ.comからTen tecのキットを組み立てている写真などを見て、パパが、ちゃんと指導して居て微笑ましいし、えらいと思ったものだが、考えてみれば、最近はこういう姿を見ることが少なくなった。 子供のおもりをスマホにやらせている親までいるらしい。
 
 今日、久しぶりに旧友にお空でなくSKYPEで出くわしたのだが、現状のハム世界を憂えているのは同じなのだが、彼が云うには、

 若者にハムの魅力を伝えることがなくなっているのではとのこと。 これは耳が痛い。 自分の胸に手を当てても、人様の交信を聞いていても、 ええかっこしばかりで、(自分もそうだが恥さらしのQSOを平然とやっていて)ラジオやテクノロジー、外国局との中身ある交信、など沢山の魅力的な世界を後進のために伝える努力をしているかと言われると、その反対に近く甚だ残念なことである。

 考えてみれば、長くハムをやってきてはいるが今、意味のある活動が何か出来ているかと言われると、恥ずかしいかぎりである。 そしてあがいても、このホビーは絶滅するのかもしれないが、一人でも若者にハム、そして科学技術に関心を持つ人間を増やすことこそ、われわれが努力するべきテーマなのかもしれない。
スポンサーサイト
  • Date : 2014-04-27 (Sun)
  • Category : 未分類
4

Comment

  1. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2014-04-27 (Sun) 22:54

    世界中の共通の悩みらしいですが、日本の場合は格別老齢化がはげしいようですね。
    欧米では、若年層の流入がけっこう、ある。

    アマチュア無線をもっとファッショナブルなものにかえていかんと、あきまへんな。

    日本のアマチュア無線家はダサすぎるということでせふ。
    自分でもそう思うもんなぁw
  2. Sanyo

    Sanyo

    2014-04-27 (Sun) 23:19


    貴重なコメント有難うございます。
     それから、時間が経つと自分が純粋に興味を持ってこの世界に入って来た時の気持ちも忘れ、妙に照れて、まっとうに初心者に向かい合うことができなくなっているような気がしますが。
  3. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2014-04-29 (Tue) 02:20

    ところでOM。

    もしあしたの朝、目覚めたら中学生にもどっていたとしたら、
    さて、アマチュア無線をやってみようと思うでしょうかね。

    あたしゃ自信ないなぁ。
  4. Sanyo

    Sanyo

    2014-04-29 (Tue) 07:02


    これに出くわしてしまったおかげでまあ、長いこと退屈もしないでこれたんだが、もし、そうでなかったら、結構、勉強もしただろし、マシな一生を過ごせたかとも思う訳で、わかってたら同じことはやらなかっただろう(麻薬的なところがあった、今や蔓延するヤクはスマホなのかも)

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop