プロフィール

grid-header1

Author:Sanyo
¡ Bienvenido a mi pagina !

Un chico enamorado de la comunicacion o la Radio, Transcurridos 50 años de mi primera licencia no ha cambiado mi modo de pensar.

Empecé Radio afición en 1958 y luego estaba divirtiendo lo.
Miren la página de QRZ.com y JA1COR
Esperen poco ya que todavía no he preparado la pagina escrita en castellano.

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

307

マダマダ10m帯。


CX5CI  Juan

久しぶりに10mでDXとラグチューが少し出来て溜まったストレスを放出できた。
 
朝方、バンドを(28 SSB帯)聞いたが開いていそうなのだが、誰もでていない。 ダメもとでCQを数回、するとCX5CI Juanが呼んできた。 何でもこっちはピークメータでも50Wぐらいの出力なのだが9+で聞こえているという。お互いによく聞こえていて快適なQSOになった。

 彼のリグはTS-120Sベアフットで博物館ものだという。少し音が悪いが話を聞くには問題ない。 この器械はトリオの最初の半導体化リグで1978年位から売られていたようだ。 

自分の最初のSSB機は八重洲のFL-100Bを(もちろん買えないので)真似して作った球式だったので、こういうリグを見ても古いとは思えない。 第一充分実用になっているからそれだけで大したものだ。
OMは 自分と同一世代のようで、ウルグアイ人の出身地などの(ほぼEUからの移民の子孫だが)話をしていただいたので我が日本の情況(子供の頃外国人を見ることはなかったが、今では外国人が増えていること)などを話し、お互いに健康に気をつけて良い新年を迎えましょうということでQSOを終えた。

いつも感じるのは彼らは我々とは地理的、地球的に対蹠点に相当し、季節、時間、などは反対で、QSO時にはリアルタイムで実況できるわけで対照的で面白いし、話題に困ることはないのだが、アチラ側でもそう思ってくれれば良いがそうでないとミスマッチになり、飽きさせてしまうので気をつかう。 
 そしてコンディションの急変もあり、そう、しゃべりすぎには要注意である。

今回、注目したのは開始時にQRZ.comの当局のページを見てLookUp 数が18444だったが30数分のQSO後、その数字が変わらなかったことである。
普通、DX局と交信(普通は英語が多いが)するとワッチしている局が閲覧したりして交信後この数が増えるのだが、恐らく、大半のワッチ局には言葉(西語)も馴染みが無いことなどから、今回の交信は国内、国外共に全く注目を浴びないノイズのようなもので、無視されるのは当然かもしれないが、少し寂しい、しかし逆に秘話化されていなくても、恥も晒さないですむわけで良いことでもあるのかなと謙虚に思ったわけである。 
案の定、コンデイションが良いまま、交信終了したにも拘らず辺り一面、誰も現れなかったのである。

そして、ふと思ったのはホントにCXとラグチューをしたんだろうかと、 QSOをしたような、しなかったようなおぼろげな記憶しか残らないけども地球の反対側同士の二人のみがひとしきり話した筈なんだが、これって現実に起きた出来事なのかな・・
と思ったのでした。(なに認知症の心配でもしろと)

スポンサーサイト
2

Comment

  1. JA1KIH Taka

    JA1KIH Taka

    2014-12-17 (Wed) 23:06

    Lookupの数字はそういう風にも使えるんですね。 今度試してみたいと思います。 最近28メガSSBをワッチしますが、中々お声が聞こえませんHI。
  2. Sanyo

    Sanyo

    2014-12-18 (Thu) 10:57

    >
    こんにちは、 あまり聞こえませんがバンドは開いているようで今朝も2日続けてCXのよくでている局に貴局は南米で唯一聞こえている、南米代表局だといってあげました。 お互いにCQをがなっても応答がないのを(向こうは少しはあるようだが)慰め合いました。
     あまり、CQにも反応がないときはがっかりしてLookUp数をみたりしていたのです。 今朝は幸い、雪も降らず風も少なくてアンテナも無事のようで、CXから電波でているよーといってもらってホッとしています。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop