FC2ブログ
プロフィール

grid-header1

Author:Sanyo
¡ Bienvenido a mi pagina !

Un chico enamorado de la comunicacion o la Radio, Transcurridos 50 años de mi primera licencia no ha cambiado mi modo de pensar.

Empecé Radio afición en 1958 y luego estaba divirtiendo lo.
Miren la página de QRZ.com y JA1COR
Esperen poco ya que todavía no he preparado la pagina escrita en castellano.

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

310

もうZLは夏! Moxon はいかが?



ここのところ、ロングパスのEUが14や18で出来るので、そちらにアンテナを向けて18のSSBを聞いていたが残念ながらあまり入感なし、ZLがCQEUを出していて応答がないようなので呼んでみた。ZL2CD Peter でTS-830、ベアフットだというが59でよく入っていた。
 アンテナはこの間のクリスマスに自分で建てたMoxonということである。(写真)
このアンテナはJAではあまりポピュラーではないが、ベントした2エレ、ワイヤー八木であり、彼のは18,24の2バンド用とのこと。 Hexビームなどと類似した自作に向いたアンテナである。
 
 当ブログは自作向きのアンテナのスタイルブックを兼ねているので、これも載っけることにする。
QRZ.comによるとEU,W,VEなどによく飛んでいるとのこと。 場所は高台らしいが地面からは7mだとのこと。針金を引き回して景観を損ねることはしたくないらしく、タワーなんぞ、もっての外ということのようだ。彼らは広い土地を所有しているのだろうが、むしろ我々の様な発想、高くてでかいアンテナを設けるなどとは思わないようだ。確かにパイルアップが起こるほど局数もないだろうし・・

そして、彼のもう一つのホビーの車の話になった。
数年前に出かけた時に思ったのは、自分は未だに外国では運転したことがないのだが、この国なら運転してもいいかなと思ったのである。そう、ハンドルの位置がJAと同じ側であり、何より、車の数が圧倒的に少ない、手付かずの自然がどこまでも続いているのである。

spitfire.jpg
 
彼はこの車(Triumph Spitfire)で、ツーリングを楽しんでいるらしいが、日本ではこんな車でドライブを楽しむといっても、天気が良くて埃や、排気ガスが気にならないで、渋滞に悩まされずに楽しめるところには簡単に到着できないわけで、例え車を所持していても、快適なドライブが出来るのは年に何度もないということになってしまいそうだ。
 というようなことを云ってしまったが負け惜しみにしか聞こえなかったかもしれない。

ところで話を戻すがこのMoxon、 構造を工夫すると折りたたみ式になりそうで、2バンド化も出来そうだし、HB9CVよりは作りやすそうで、移動仮設には、よさげだな。
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。