FC2ブログ
プロフィール

grid-header1

Author:Sanyo
¡ Bienvenido a mi pagina !

Un chico enamorado de la comunicacion o la Radio, Transcurridos 50 años de mi primera licencia no ha cambiado mi modo de pensar.

Empecé Radio afición en 1958 y luego estaba divirtiendo lo.
Miren la página de QRZ.com y JA1COR
Esperen poco ya que todavía no he preparado la pagina escrita en castellano.

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. JA1KIH Taka

    JA1KIH Taka

    2015-02-16 (Mon) 23:01

    貧乏なひととは、少ししかものを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のこと ・・・・・・・>物欲で言えば、アマチュア無線界でも確かにこの言葉に相当する人が沢山居るような気がします。 一方、Wの友人はTS-830を愛用していて、最近50年前の、日本で言えばTX-88Aと9R59の中古を手に入れ修理し、結構楽しんでいます。 ハム仲間との会話が彼にとっては大切な時間の様です。 
  2. Sanyo

    Sanyo

    2015-02-17 (Tue) 11:14

     

    自分にとって意味のあるハムライフは如何いうものか、考えさせられます。 そして進歩だけが目的ではないと、云うのは、 本来アマチュア無線の目的からすると当然のことですが、その精神はどこかにいってしまい、最新技術による新製品の顧客となるのを嬉々としている状況は恥ずかしい。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

312

この人は世界で最も貧しい大統領ではない! 断じて。




Presidente uruguyo, José Mujica
出典www.abrasmedia.info

今朝、CXのお馴染みの幾人かとEcholink で喋った。 CX(ウルグァイ)は一番遠いが一番DXでは交信しやすい。 とは云っても、込み入った話題で自分の言語能力からするとHFの不安定なCondxでは落ち着かない。 Echolinkは便利な代替ツールである。

 最近TVでみた世界で最も貧しい大統領と言う番組を見て、その話をしてみたかったのである。 番組を見た人には説明はいらないが、とにかく凄い。

何でも、ある外国人がヒッチハイクをしていたら、止まって乘せてくれたのが何とこの大統領だったとのこと。 見てくれはこの風貌でどこへ行ってもネクタイはしない。 月9万円程で生活し、給料の残りは施設などに寄付するという。 そして最も驚愕したのは彼のポリシーだ。 いくつか彼の語録から取り上げる。

彼のリオ会議(環境の未来を決める国際会議)でのスピーチはyoutubeで聞けるが、圧巻である。
(ゆっくりしたスペイン語で割りと聴きやすい-<内容はちょっぴり難しいが> 入門者にもおおむね理解可能である)
 
 アルゼンチンに旅行した時、日帰りでウルグアイに出かけたことが有り、それ以来、この国には親しみ深く懐かしい気がするのだが、こんな素敵な大統領(任期は今月2月で終わる)を持っていたとはびっくりだ。 EcholinkでラウンドQSOした数人に聞いてみても、そのとおりの人間で人気があるとのこと。
 この国の人が羨ましく思えた次第である。 

以下、ウルグァイ大統領 ホセ・ムヒカ氏の語録(主として先のリオ会議の演説から)の一部抜粋。

▷ ホセ・ムヒカ大統領と彼の自宅(写真)
大統領の報酬月額25万ウルグアイペソ(約115万円)の9割近くを社会福祉基金に寄付する

・貧乏なひととは、少ししかものを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のこと

・発展は幸福を阻害するものであってはいけないのです。発展は人類に幸福をもたらすものでなくてはなりません。私たちは発展するために生まれてきているわけではありません。幸せになるためにこの地球にやってきたのです。

・人は物を買う時は、お金で買っていないのです。そのお金を貯めるための人生の裂いた時間で買っているのですよ

・質問をさせてください:ドイツ人が一世帯で持つ車と同じ数の車をインド人が持てばこの惑星はどうなるのでしょうか。
息するための酸素がどれくらい残るのでしょうか。同じ質問を別の言い方ですると、西洋の富裕社会が持つ同じ傲慢な消費を世界の70億〜80億人の人ができるほどの原料がこの地球にあるのでしょうか?可能ですか?それとも別の議論をしなければならないのでしょうか?

この演説の中で彼は、ウルグァイは320万人程の小さな国だが、農業や牧畜で食料を自給していて裕福な筈なのだが、近年は以前に比べて長時間労働をしないとやっていけないので苦しいのだと、というのも、車だの何だのと、今ではお金で購入しないといけないので、そのお金を稼がなければならないからだと.

もう一つ驚いているのが彼は誰と会うのにもネクタイをしないが、それをやりとおしているのが凄い。 (隣国での晩餐会にもその外見で入場拒否されたことがあるらしい) しかし、これは日本人には出来ないような気がする。 ローマ法王と会われて抱擁された写真を見たことがあるが、ノーネクタイで天皇や国王と会うという訳にはいかないと思うんだが。


ところで、この人の暮らし方を見て我が振りを考えると反省スべき点がいっぱいある。 ハムライフに関しても色々思うことがある、自分にとって価値あるものにするにはどうあるべきか、思いを巡らしている。(巡らしているだけじゃダメだという声も聞こえてきそうだ)



スポンサーサイト
2

Comment

  1. JA1KIH Taka

    JA1KIH Taka

    2015-02-16 (Mon) 23:01

    貧乏なひととは、少ししかものを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のこと ・・・・・・・>物欲で言えば、アマチュア無線界でも確かにこの言葉に相当する人が沢山居るような気がします。 一方、Wの友人はTS-830を愛用していて、最近50年前の、日本で言えばTX-88Aと9R59の中古を手に入れ修理し、結構楽しんでいます。 ハム仲間との会話が彼にとっては大切な時間の様です。 
  2. Sanyo

    Sanyo

    2015-02-17 (Tue) 11:14

     

    自分にとって意味のあるハムライフは如何いうものか、考えさせられます。 そして進歩だけが目的ではないと、云うのは、 本来アマチュア無線の目的からすると当然のことですが、その精神はどこかにいってしまい、最新技術による新製品の顧客となるのを嬉々としている状況は恥ずかしい。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。