FC2ブログ
プロフィール

grid-header1

Author:Sanyo
¡ Bienvenido a mi pagina !

Un chico enamorado de la comunicacion o la Radio, Transcurridos 50 años de mi primera licencia no ha cambiado mi modo de pensar.

Empecé Radio afición en 1958 y luego estaba divirtiendo lo.
Miren la página de QRZ.com y JA1COR
Esperen poco ya que todavía no he preparado la pagina escrita en castellano.

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

320

外付けオートチューナ(ATU)は防水タイプがベストとは限らない?

空中にぶら下げて使っていたATU(オートチューナ)を交換した。 2010年12月から使っていたので4年6ヶ月ほどになるが、このチューナ(MFJ944B-PEP600w-非防水)は外置きタイプが発売される前のもので、そろそろ痛んできているように思い、既に外置きタイプ(MFJ944BRTー防水)を購入して準備してあったのでそれに交換するつもりであった。
 この際、いい機会なので、自分で処理した防水対策など、反省材料にしたいとも考えたのである。
P1000468.jpg


最初の写真はジュラルミン工具箱にいれた状態で箱は1200円程度で購入したものでちゃちだが
サイズもぴったりだし、よい選択だった。ただ、アンテナのマストにぶら下げるのにアルミアングルなど工作が必要になり、そちらのほうにコストがかかっている。 防水にはなっていないので色々手を打っている。
P1000469.jpg

次の写真は蓋を開けたところで、雨が浸入してもよいようにプラスチックシートをかけてあるが、これが効果的で風雨にされされてもずっと耐えて働いてきた。
P1000470.jpg


次は箱から出してパネルが見えているところ、その上は外したプラスチックのカバーである。 パネルにはマニュアルの操作ボタン、SWRメータなどがあるが、使用時に見ることはないのでもったいないようである。 トランクの留め金の片方は錆びて取れてしまっている。


P1000471.jpg
次は前方に比較のために新品で購入したままになっていたリモートタイプMFJ994BRTを置いてある。 基本的にスペックはMFJ994Bと同一だが、腑に落ちないのは防水にはなっているが、ほかの機能、マニュアルボタン、SWRメータなどが省略され、Remoto で制御するための外部制御用のコネクターなどもない。 電源(DC12V)は同軸ケーブルに重畳させて配線も増えない構造になっていて、随分とコストダウンになっていそうなのだが、反対にこっちのほうがずっと高価だ。
P1000472.jpg


次はMFJ994Bの背面であるが、左下の3つは左からdc電源 そしてREMOTE 
(これはマニュアル操作が出来るようボタンスイッチを外部に置くことによりいろいろ操作が可能になるもので便利である-コントロールボックスのオプションも購入できるがマニュアルを参考にして簡単に製作できる。) 
次に3.5mmステレオプラグが挿せるRADIOインターフェースでこれはICOMの制御信号のKEY とSTART信号に相当する。

今回、防水タイプに交換したのだが結果を報告すると、結論はどういうわけかうまくいかず、その買ってあった外置きチューナは動作しなくて、(BIAS TEEと呼ばれる同軸経由での電源供給など調べたが今のところ原因不明) なにしろ入出力に同軸ケーブルが繋がっているだけなので、やりようがない。 ばらして調べるしか方法がないようだ。
 とっくに保障期間は過ぎてしまっているし、困ったものである。

 しょうがないので最初に使っていたAH-2 を引っ張り出し、それを再設置して解決した。 ICOMのATUに使っている4PINの外部制御信号は2本は電源で、信号線の2本(key,START)と最少本数だが、よく考えられていてすばらしい。

ここへきて考えたのは、使い勝手を考えると、今までの防水処理が案外、うまくいっていたので箱を工夫すれば使い続けられそうであるし、マニュアル操作が出来たり、いわゆるATUとの対話のようなことが出来るので安心だし、なんだか防水以外ろくな機能がなく、トラブル時に手に負えなくなりそうな外置きチューナよりマニュアル操作が出来る室内置きタイプを防水して使うほうが安心できそうに思えてきてしまった。

この室内置きタイプが便利に思えたのはオートチューンが一発でとれない状況でマニュアル操作が出来ることにより、リグ出口のSWRを見ながらL,Cをステップ状に可変して何とか妥協できる状態として運用が可能になる場合があり、有難い。

そして腹が立つのは防水型のほうは回路的には室内置きタイプと同一なものから操作部分やメータ、外部制御端子などを むしり取ってしまっているだけなのに価格だけ上がっていて、使い方に工夫が出来ないなど腹立たしい。(マニュアルの記述までそのままになっていて、ついていない外部制御の説明もそのまま残っている!)

なお、MFJのWEBからマニュアルはいつでもダウンロードが出来る。(購入してなくても、)
これから購入されるかたはマニュアルを先に読んでおくことをお勧めする。

スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop