プロフィール

grid-header1

Author:Sanyo
¡ Bienvenido a mi pagina !

Un chico enamorado de la comunicacion o la Radio, Transcurridos 50 años de mi primera licencia no ha cambiado mi modo de pensar.

Empecé Radio afición en 1958 y luego estaba divirtiendo lo.
Miren la página de QRZ.com y JA1COR
Esperen poco ya que todavía no he preparado la pagina escrita en castellano.

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

346

まんざら、ゴミアンテナでもなさそうだ。―("MU"アンテナの評価の続き)と前ウルグアイ大統領の話

papaymujica.jpg

アンテナとは直接関係ないが写真はホセ・ムヒカ前ウルグアイ大統領とローマ法王フランシシコ



 アンテナ、特に電離層反射を利用するHF帯アンテナの評価は難しい。 もちろん目的にも依るのだが、DX局との交信を主目的とすると、殆ど、再現性あるレポートは不可能に思えるので、性能比較は物理的な特性だけにするべきだと思うがそれもサイズ等から簡単にはできない。 

 今回、クワッドが壊れたのを機会にその形から”MU”と呼んでいる2エレ、ワイアーマルチバンドヤギを制作して使ってみているのだが、あまりにも空中状態が好ましくなく、 当局の目的(ラテンアメリカ圏とのHF帯での電話でのラグチュー)が叶うものかの評価をすべくバンドをワッチするも、オーバーシーズが入感さえしない夜が続いていた。

 だが遂に6/11(土)の夜に14メガで中南米の3カ国との交信が出来、当局の念願は辛くも叶えられることを示してくれたのである。
 最初はCE1OEB Eric でログによると今まで17回以上交信しているが、殆ど18メガだった。
 この日はバンドが変わって14メガ(SSB)で随分久しぶりだなとのご挨拶、 その後近くでCX3AAU Enriqueが出ていたので呼ぶと、 双方、56-57でしばらくラグチューが出来た。(彼の設備はTS-590s 100w +TH6) 

 1週間ほど前、横浜方面にでかけた折、書店の前を通りかかった際、以前当ブログでも取り上げたウルグアイ前大統領 ホセ・ムヒカ氏を扱った書籍がチラと目に止まったのだが何と4冊も、それも一冊は子供向けの絵本であったのだ。全て最近の発行であリ、日本語でかかれている。 どうやらTV出演などから時の人になりつつあるのかも。
 彼らウルグアイ人は日本での人気を知っているのか聞きたい気がして、話し始めたのだが興奮して声をつまらせながら拙いスペイン語で話したものだから、後で思うに彼、Enrique氏はびっくりしたのか、訳がわからなかったようで、その件にはコメントが帰ってきませんでした。
 何せ、日本人と出くわすのも初めての様子で困らせてしまったようでもあり反省した訳です。 (その清貧のEx Presidente の対極にあるような我が都知事が話題になっていた時期でもあったので、そこら辺迄言及したかったのだが我輩の言語能力とノイズだらけのバンドコンデションでは到底無理だった 残念!)
 その後メキシコシティ―のXE1B Marco。が59ではいっていたので、QSOしたが 彼はコンテスターでKW出力、JAでも有名のようでハムフェアにも来訪されているとのこと。

ということで今回、言いたかったことはこのアンテナはゴミアンテナなどではなく、当局のごとき貧弱な環境では作る価値のある、ご利益のあるアンテナだーという結論でありまして、 今すぐボッこわして別なものに替えることもないかな、と、そして 軽くて風などで破壊されてもまわりの被害も少なさそうであるし、愛着も出てきたのでしばらくは見守っていきたいと思ったのでした。


スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop