プロフィール

grid-header1

Author:Sanyo
¡ Bienvenido a mi pagina !

Un chico enamorado de la comunicacion o la Radio, Transcurridos 50 años de mi primera licencia no ha cambiado mi modo de pensar.

Empecé Radio afición en 1958 y luego estaba divirtiendo lo.
Miren la página de QRZ.com y JA1COR
Esperen poco ya que todavía no he preparado la pagina escrita en castellano.

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

354

Pentaビームのその後


Hex beam VK3EY

今日、本当に久しぶりに28でVKとSSBでQSOした。 このバンドはどうせだめだろうと一瞬、ワッチして次のバンドに移るのが常なんだが、スポッと強力に信号が入っていたので、慌てコールしてみたのである。 VK3EY Rob氏で、丁度一ヶ月前に14メガのSSBで交信した。そして、覚えていてくれたようでSanyoと名前を呼んで頂いて嬉しかったのだが、それより何より、驚いたのは別れ際に、お前さん、まだPenta ビーム使ってんのか?と聞かれたのである。 一瞬何を聞かれたかわからなくて慌てたが、そう自分で命名したんだっけと思いだした。

 確かに、このブログにも日本語で説明してあるが、それではなくて、たぶん、QRZ.comに概略を描いて於いたので、それを見たのだろう。オーストラリア大陸のハムで認知されていたとは(たった一人だけだが)嬉しい話だ。

彼は写真のHexビームを使っているのだが、何故かVKにはこのアンテナの愛好者が多いような気がする。 何も広大な敷地があるのだから、もっとでかい、高ゲインのアンテナでも立てればと思うが、そういうみみっちい根性は日本人のものかもしれない。(もっとも景観上の規制などから高い構造物は建てられないのかもしれず、ビルの類もあまり目につかない気がする。)

 なにしろ、空間の広さは当たり前で、すこしでも有効利用しようなどとは考えないようだ、実際、普通の道路を、学校に有るようなプールを載せたトラックが走っているのを目にしたことがある。
 
 このPentaビームだが、一応、14メガから50メガまで5バンドでここのところのプアーなコンディションで出番が少ないのだが、そこそこ使えている。
   特に小細工して追加した6mバンドが一丁前に働いてくれてビームアンテナぽくてお気に入りである。
 HF帯が寂しくても夜な夜な出番があり、ラグチューが楽しめるのでお得感がある。
  Hex系をお使いのOMにはおすすめですぞ。

 そしてこのアンテナはHexビームのスプレッダーを一本減らして計5本にしてアンテナ・エレベータに取り付けやすくしたものだが、あくまでもシミュレーターによる比較では、本家Hexビームとの性能の差は殆ど無いように思うのでこの構造にすることにより、エレベータの付いたタワーにも使えるということで少しはポピュラーになるのではと、期待しているのだが、それにしても自分でも胸を張って紹介すべきかもしれない。つい省略して、Hexビームもどきなどと説明してしまっている。

ところでここのところのアンテナに関する経験から、こんな感想を持っている。
アンテナ特にHF帯のものでは、空間に導体(針金や金属パイプなど)を適当に張り巡らし、それに高周波エネルギーを送り込める構造として、目的の電磁波を送出
出来る(またその逆の受信が出来る)ものであれば良いわけだが、それを達成するために必要な条件(安全性など)さえ満足すればほぼ、自由にデザインが可能なのである。 つまり、自分の環境で使える空間に自由にそれらを張り巡らせればよいのである。 そして実際に目的の信号を送出するためには、目的を達成するための性能を期待したいが、それもやみくもに試さなくても現状入手可能なシミュレータープログラムが使えるのである。 つまり、空間というカンバスに自由にイメージを描きシミュレータで確認が可能なのである。 今やアマチュア無線家は制約が無ければ(自分の健康状態も含めて)自由にアンテナを工夫し、考えて空に描いて作り上げればよいのである。もちろん、理論をマスターしていれば良いものが早く設計できるが、そうでなくても根気さえあればそれらしいものを作れると思う。


今考えているのは7メガ帯追加だが、ラジエータにスクエアロー風のエレメントを追加する案の検討を開始した。 シミュレーションでは、どうやら可能な感じになっているが、他のバンドへの(特に14メガ帯、18メガ帯辺り)影響があり、次のステップに移るには今少し、シミュレーションを繰り返し、修正をする必要がありそうだ。


vk3ey-3.jpg

VK3EY Rob


スポンサーサイト
2

Comment

  1. JA1KIH Taka

    JA1KIH Taka

    2017-04-11 (Tue) 14:49

    7メガのエレメントが追加できれば良いですね。クワッドの場合7から28メガまで同一面に巻き込んで使っている方もいるので同じループ系と考えれば他のバンドへの影響は少ない感じもします。
  2. Sanyo

    Sanyo

    2017-04-11 (Tue) 18:59

    コメント有り難うございます。 考えてみれば、マルチバンドトラップビームの如きものにも7メガのDPが入っているのが有りますので出来るはずだとは思うのですが、やはり八木系に近いようで、近接するエレメントの方に影響が出て幾つかのバンドで微妙に長さ変更が必要になりそうです。しかし、8の字であっても回せる極小のアンテナを一度、使ってみたいという自分のような人間もいると思うのでやって見る価値があるかもと知れません。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop