FC2ブログ
プロフィール

grid-header1

Author:Sanyo
¡ Bienvenido a mi pagina !

Un chico enamorado de la comunicacion o la Radio, Transcurridos 50 años de mi primera licencia no ha cambiado mi modo de pensar.

Empecé Radio afición en 1958 y luego estaba divirtiendo lo.
Miren la página de QRZ.com y JA1COR
Esperen poco ya que todavía no he preparado la pagina escrita en castellano.

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. JA1KIH Taka

    JA1KIH Taka

    2017-07-25 (Tue) 08:28

    新アンテナCong.、使い心地はいかがですか? 
  2. Sanyo

    Sanyo

    2017-07-26 (Wed) 10:41

    そろそろ、年貢の納め時かと思って既製品に手を出してしまいました。
    コンディションも良くなくて、十分なテストが出来ていませんが、理想的には
    程遠い、地上高、周囲の地理的要素など考えてもどれだけの性能を発揮するか
    不安を抱いている状況です。 このアンテナのようにエレメント間隔は動かせないが他は
    プログラマブルなアンテナは、基本的にはかなりの部分、ユーザ希望の設定値とすることも可能だと思うのですが、
    今のところ、マニュアル操作で幾つかの設定値を替えるぐらいしか出来ません。 
    もう少し触れれば面白い実験もできそうな気がしますが、
    さて、そういう構造をユーザに開放するか、この手のアンテナの課題かも知れません。
  3. JA1QVM

    JA1QVM

    2017-08-14 (Mon) 20:12

    ふ~ん・・・・・
  4. -

    2018-11-10 (Sat) 20:45

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
  5. Sanyo

    Sanyo

    2018-11-15 (Thu) 12:12

    > 初めまして。佐倉市の西條と申します。アンテナエレベータに載せておられるようですが、強風時など問題ないでしょうか? 特に先日の台風時などの状況をお教えください。

    返事が遅れてすみません。風の影響ですが、当局では全く影響はありませんでした。 一応、15mのtowerで7メータの位置には下げて置きました。(屋根にあたるのでこの高さが限界) しかし、場所の影響はおおきく、簡単に大丈夫だとは言えないかもしれません。 この場所は風が周辺と比べても少なく、今まで何十年か台風の被害はありませんでした。 (降雪で破壊されたことはありますが) むしろ心配だったのはこの重量の(約30Kg)アンテナをエレベータに乗せていてどうかと思ったのですが、問題ありませんでした。 むしろ昨年末に湿った雪が降った時には、着雪が心配で夜なか中、長い棒の先で着雪を落とす作業をしてしまいました。
  6. -

    2018-11-15 (Thu) 18:03

    このコメントは管理者の承認待ちです

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

357

精一杯の背伸びアンテナ、完成


versa21.jpg


遂に念願であった写真のアンテナを建設することが出来た。 てなことを云うとお前さん、この間までは巻き尺式既成品アンテナなんてのは堕落の骨頂だと悪く云っていて、手のひらを返した如く宗旨変えをするというのはあまりにも節操がないとは思わないのかい? と言われそうだが、面目ないがその通りでございまして、お金を出して全部作っていただいただけであり、工夫も努力もないという、誠に恥ずかしい次第なのでございます。

それでも 色々弁解のネタは用意していて、例えば 今月で後期高齢者の仲間入りとなり、タワーの昇降にも傍目が気になるとか、一度ハイテクアンテナに触ってみたかったとか、いずれも大した言い訳にはなりそうもない。

で、アンテナは工人舎VERSA ビーム KA1-204L というタイプで 4エレ、14~50迄WARCを含めて6バンドをカバーしている。 写真の4本のエレメントがトランシーバに連動して伸縮(ファイバーをかぶっているので外観は不変)する。 何故これにしたかというと一言では言えないが
全体のバランスを検討した結果と他にも何かやることがあったほうがいいかと思ったのでこれになった。 
ということで国内ラグチュー用の7メガのワイアーDPは後で用意するつもりである。 

最大の関心事である飛び具合だが、不幸にしてコンディション最悪のようで、努力してワッチをしていたのだがサンスポット 0などという日が続いていてどうにもならない。 
 それでも、せっかく建てたアンテナの性能を知りたくて、ワッチを続けていたのだが、昨晩、20日の深夜、14メガでスペイン語の交信が聞こえ、暫くして、誰か聴いていないかと仰ったようなので、こっちはTOKYOだけどきこえるか!とどなったところ、
旧知のメキシコDurango のXE2MCCギレルモ氏でSanyo 暫く振りだけど元気か!といってくれ、その後もラウンドで交信していたXE1C Juan Pablo, WY6J Jesus が代わる代わる相手をしてくれ、向こうはおしなべてKWにビームで9+で入感していたが、貰ったレポートは57、でコチラがベアフットなのでこんなものだろうと思った次第。
HAMCAPのPrediction Mapでみても ?? のコンディションであったがどうしたわけか完璧に交信できたのは、運が良かっただけではなく、アンテナも性能を発揮したのかもしれないといまのところ気分を良くしている。

その他に言語能力もある程度習熟すると話の内容を包括的に理解できるようになり、飛躍的に理解が楽になることはあると思う。 十年ぶりぐらいに出くわす局が多いのであるいは会話能力が幾分上がっていて互いに聞きやすくなったかもしれない。
(単に互いに年齢を気遣ってお世辞をいっているかも、しかし、飛び具合に関しては、確証はないのでいつ奈落の底に落とされ ぬか喜びを悔いることになるかわからないのでまだ、舞い上がらないようにと自戒している。)
Harmony_11.jpg


Harmony_5.jpg

xe1chex.jpg

ところで交信したJuanPablo XE1C はコールサインも特別だしと思ってQRZをみたら、かれは豪華カリブ海クルーズ船Harmony seasの船内にも立派な専用の無線局も持っているようでたまげたものだ。 そしてそのご自宅のアンテナは何と当局がここでアンテナを替えるまでつついてきた貧乏人用ビームだと思っていたHexビームで、感心したのは金持ちは 案外 {背伸びしたアンテナは使わない!!} ようだ。 当局は限界までの背伸びをしているので、もはやこれで打ち止めだ。
斜体文
スポンサーサイト
6

Comment

  1. JA1KIH Taka

    JA1KIH Taka

    2017-07-25 (Tue) 08:28

    新アンテナCong.、使い心地はいかがですか? 
  2. Sanyo

    Sanyo

    2017-07-26 (Wed) 10:41

    そろそろ、年貢の納め時かと思って既製品に手を出してしまいました。
    コンディションも良くなくて、十分なテストが出来ていませんが、理想的には
    程遠い、地上高、周囲の地理的要素など考えてもどれだけの性能を発揮するか
    不安を抱いている状況です。 このアンテナのようにエレメント間隔は動かせないが他は
    プログラマブルなアンテナは、基本的にはかなりの部分、ユーザ希望の設定値とすることも可能だと思うのですが、
    今のところ、マニュアル操作で幾つかの設定値を替えるぐらいしか出来ません。 
    もう少し触れれば面白い実験もできそうな気がしますが、
    さて、そういう構造をユーザに開放するか、この手のアンテナの課題かも知れません。
  3. JA1QVM

    JA1QVM

    2017-08-14 (Mon) 20:12

    ふ~ん・・・・・
  4. -

    2018-11-10 (Sat) 20:45

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
  5. Sanyo

    Sanyo

    2018-11-15 (Thu) 12:12

    > 初めまして。佐倉市の西條と申します。アンテナエレベータに載せておられるようですが、強風時など問題ないでしょうか? 特に先日の台風時などの状況をお教えください。

    返事が遅れてすみません。風の影響ですが、当局では全く影響はありませんでした。 一応、15mのtowerで7メータの位置には下げて置きました。(屋根にあたるのでこの高さが限界) しかし、場所の影響はおおきく、簡単に大丈夫だとは言えないかもしれません。 この場所は風が周辺と比べても少なく、今まで何十年か台風の被害はありませんでした。 (降雪で破壊されたことはありますが) むしろ心配だったのはこの重量の(約30Kg)アンテナをエレベータに乗せていてどうかと思ったのですが、問題ありませんでした。 むしろ昨年末に湿った雪が降った時には、着雪が心配で夜なか中、長い棒の先で着雪を落とす作業をしてしまいました。
  6. -

    2018-11-15 (Thu) 18:03

    このコメントは管理者の承認待ちです

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。