FC2ブログ
プロフィール

grid-header1

Author:Sanyo
¡ Bienvenido a mi pagina !

Un chico enamorado de la comunicacion o la Radio, Transcurridos 50 años de mi primera licencia no ha cambiado mi modo de pensar.

Empecé Radio afición en 1958 y luego estaba divirtiendo lo.
Miren la página de QRZ.com y JA1COR
Esperen poco ya que todavía no he preparado la pagina escrita en castellano.

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

358

ようやく南米OPEN! 




チリの首都Santiagoはもうすぐ春が来る。 数年前11月に旅行したとき、春爛漫で海の幸がいっぱい、ビールのうまかったこと!

秋になったら、南米とも交信出来る筈と新アンテナに期待していたがやっと、バンドが開き出したようだ。 
大きなフレアーが太陽表面に現れたということて、注目していたが、電波伝搬には目立った変化がなく、しおれていたが、やっと昨日、と今日、2日続けて南米が突然開いた。

21の早朝、SSB でチリの局がオンエア、ミーティングらしき交信をしていたのだが、信号レベルが、s9で入っていたので、勇気を出して何度かブレークをかけたら、遂に振り向いていただけた。
 CE7RM Pablo のグループとその後は 18メガでのお馴染みの CE1OLB Eric そして再度21に戻ってのCE2WNW Carlos 、    翌日(今日13日)はCE1OEB,CE2WNW,CX6RWと58から59でどっぴらけ状態の感があり、ラグチューが楽しめた。 
 アンテナの性能だがベアフットでなんら不自由を感じなかったのでどうやら、合格と思う。
 最後の局CX6RW Estebanはウルグアイの局だが、自作も好きなようで、彼のQRZ.comには開局当時に807や6BQ5などを使ってAMの送信機を作った記述があった。 何十年も前に地球の裏側でも同じ材料を突き回していたのだろうが、思えば不思議なもんである。

 自分はブエノスアイレスに旅行したときラプラタ河をわたるブーケバス(船バス)で対岸のウルグアイに渡り入国後、数時間滞在したことなどを話したが、話したい話題がいくらでもあり、コンディションも安定していて、次回も続きをと云ってファイナルにした。

 今年の秋のDXシーズンの訪れは当局にとっても嬉しい限りだが、願わくばこのコンディションが安定して続いて欲しいものである。 太陽神のようなものがおられるなら我らが願いを叶えたまえ!



CX6RW Esteban

CX6RW.jpg

1167.jpg
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。